2007年09月18日

ティーン・ショーキ

ティーン・ショーキ
「ティーン・ショーキ」はウチワサボテン。
確かに団扇のような形だ。
アラビア語名のティーンは「無花果(イチジク)」
ショーキは「棘」の意で
あわせて「棘無花果」とこちらもわかりやすい名前。



エジプト各地の街角では、暑くなってきたかなと思うと街角にリアカーが現れる。
郊外の農村地帯からやってくる「ティーン・ショーキ売り」だ。
棘だらけの、アボカドくらいのサイズのサボテンの実を、山積みにしてやってくる。
「一個おくれ」というと、いつ洗ったかわからんようなタオルでナイフを拭いてから、
素早く剥いて食べさせてくれる。
枇杷をもっと瑞々しくしたような味だ。
無花果にも似ている。
ちょっとだけ青臭い。
エジプトにいた当時はこれが好きで好きで、街角で行き会うと買い食いしていたものだ。
「あのナイフは、大丈夫なのだろうか」と思わないでもなかったが、
当時は「まあいいや」で片付けていた。
本当のところ、体調の気になる旅行者の方などには、あまりオススメしないほうが
よさそうではある。
実はよいとして、皮むきナイフが今ひとつ衛生的ではないように思えるので・・・。

じゃあ、自分で剥けばよかろう・・・と思って実ごと買って帰ると、結構しぶとい棘と
文字通り「痛みを伴う戦い」を強いられる羽目に落ちる。
やるならゴム手袋着用のこと。

実際、冷やしたらさぞかし美味しかろうと、剥いてもらったものを冷蔵庫で冷やして
食べたこともある。
これはきちんと洗って食べたのだが、あとで軽くお腹をこわした。
十個も冷えたのをイッキ食いしたからいけないのである。
夏休みに西瓜を食べ過ぎて、お腹がピーピーになる子供と同じことだ。
やれやれ。

写真はこの夏、伊豆の弓ヶ浜近郊で撮影。
以前にも出かけた保養所の庭先に立派なティーンショーキが一本生えているのだ。

この団扇の先にくっついている小さな丸い実が、アボカドくらいの大きさに育つと
食べられるのだが、残念ながら伊豆の夏ではまだ時期が早いらしい。
さて、一体食べられる大きさになるのか?
だとしたらいつ頃なのだろうか?
なぜ知りたいって、食べに来たいからだ。

そう思いつつ何年かがたった。
いつかそのうち、とは思っているのだが。
  

Posted by arimaburabura at 01:40Comments(2)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2007年06月03日

初夏の終わり

あれよあれよと五月が終わってしまった。
今年の初夏は短かったような気がするのは、単に私が例年より忙しかったせいだろうか?

紫陽花紫陽花は
ところどころ色づいたところ。
雨に濡れた紫陽花は
梅雨の風物詩で、ささやかな目の保養なのだが、
この時期の紫陽花は
まだ初夏らしい光の下にいる。


紫陽花2こんな緑に
まだまだ初夏だなあ、などと思っていると
あっという間に梅雨入りしそうな気配。

例年より少し遅れたが、
九州南部はすでに梅雨入り。


ふと気がつくと、ふんわりと柔らかかった新緑が鬱蒼と濃さを増している。
今年の夏は、暑くなるらしい。  
Posted by arimaburabura at 15:35Comments(7)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2007年03月30日

桜の季節

桜と大岡川「今年は3月18日開花?!」
と、世間を沸かせ
結局のところ、突然の冷え込みに
ずるずると遅れた桜が、
ようやくきれいに咲きそろい始めた。



桜かつて「タマちゃん」が出現した横浜の大岡川では
この時期こんな提灯が出て
夜桜が美しい。
もちろん昼間も美しい。
なんとなく「ああ、日本だなあ」と嬉しい。



桜アップところで桜はバラ科の植物なのだ。
確かにこうして近くでよくよく見ると、
一重咲きの薔薇に形が似ていなくもない。
近くによっても、やはり綺麗な花だ。
しかし、気候の変調のせいだか
なんだか葉桜になるのが早そうだ。



梅から桜、そして新緑の季節にかけては、本当に日本にいるのが楽しい。
海外在住の方には申し訳ないのだが、一応私も十年間余りはこの時期のホームシックに
耐えたのだし、その先には元中東在住者を弱らせる「梅雨」という季節がやってくるので、
どうぞお許しいただきたい。

ところで、桜の花びらを塩漬けにした「桜茶」は、二日酔いに効く。
花びらよりも樹皮に香りと薬効があって、咳止めなどにもよいそうだ。

そして、桜の花粉にはエフェドリンという物質が含まれていて、これが気持ちを
高揚させるのだとか。

道理で花見酒が効くわけだ、と、妙に納得してみたりする。

春爛漫の桜の下に立つと、確かに少し力が湧いてくる。
今年はこの力を、飲んだくれてカラオケをがなり倒すようなこと以外の用途に使おうな、
と、ひっそり決意をする私なのである。  
Posted by arimaburabura at 01:10Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2007年03月15日

咲き残りの紅梅

たまに花の写真を上げている。
なんで突然『中東ぶらぶら』にそこいらの花が出現するか、というと、意外に海外在住の方が、拙ブログをのぞきにきてくださることもあるらしい、とある時知ったからだ。

海外在住時、いつも花の季節には気がもめた。
特に、梅や桜の頃になると、どうにも花が恋しくなったものだった。
とりわけカイロにいた頃など、季節感が温度差と砂嵐くらいしかないようなものだから、
こればかりは本当に侘しかったのを覚えている。

日本にいると、少なくとも四季折々の花が見られて幸せだ。
でも、見られるならば見られるで、あの花はまだか、この花は見そこねてしまった・・・
などと、これはこれで気が揉めるから困ったものだ。

紅梅今年は早々と咲き始めた梅。
もう盛りはとうに過ぎて、
散り残りがぽつぽつと。
雨上がりの陽光はすっかり春だが
この数日は意外に冷え込む。
花冷え、というにも早すぎるのだけれど。

ミモザ
花という花が
今年は早々と咲いてゆく。
実家の庭ではミモザが満開だった。


  
Posted by arimaburabura at 13:48Comments(2)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2007年03月04日

アレキサンドリアに桜並木が!

「川崎・エジプト親善協会」の第二回友好訪問団が二日、川崎市役所で会見し、二月下旬に訪れたエジプトのアレクサンドリア市などに520本のソメイヨシノを贈ったそうだ。

詳しくは以下参照。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kgw/20070303/lcl_____kgw_____002.shtml

520本というのは、ちょっとした数だ。
ソメイヨシノがアレクサンドリアにどう根付くのか、ちょっと楽しみではある。

カイロから、在留邦人のお花見バスツアーがでるのかな、などと考えると、
ちょっと楽しい。  
Posted by arimaburabura at 07:30Comments(3)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2007年02月22日

東風吹かば・・・

やれやれ、すっかりご無沙汰してしまった。
この間、色々考えて『軍事情報』の連載のほうは当分の間休載、ということにして
頂いている。

本来ならば、もう少しきりのよいところまで連載を続けて、ご挨拶をして・・・
と思っていたのだが、そうなってくるとウンともスンとも言葉がでない。
それほどご大層なものを書いていたつもりもないのに、どうも中東が身近に感じられなく
なってきたように思う。

それもそのはずで、私がカイロを離れてから、もうこの三月でちょうど七年にもなるのだ。
まったく時のたつのは早い、と、しみじみ思う。
なのに、昨日見てきたような話を綿々と書いていたのだから、
そりゃあ無理も出るわいなあ、と少し呆れた。
私の場合、夫が定期的にエジプトはじめとした中東諸国に相変わらず出かけているので、
中東の話はいまだに身近なものではあるし、『軍事情報』の別冊連載を続けるために、
憑かれたようにあれこれ本を読み漁ったものだから、なんだかバーチャルに
「まだ彼の地にいる気分」になっていたのではある。
まあ、見て聞いて肌で感じたことを、距離を置いたところで改めて見つめなおす作業は
実に楽しかった。
それは間違いない。

でも、気分は気分なのであって、時の流れとともに過去は過去になっていく。
次第に話が肌身を離れ、妙に頭でっかちになって、我ながらちょっと息苦しく
なってきたのかもしれない。

そんなわけで連載は休止しているが、『軍事情報』のエンリケ殿下に作っていただいた
ブログは残っている(神戸に向かって敬礼!)。
せっかく残っているのだから、たまに中東に絡んだ雑感程度のものを書いておくのは
いいかもしれないなあ、などと、この数日思うようになった。

そういえば、二年前の三月三日の桃の節句が連載初回だから、もうすぐ二周年でもある。
ダカラドウシタ、とも思うが、まあ記念日というのはいいものだ。
これをいい機会に、スタート時点の「のほほんとぶらぶら」な気分で、
ぼつぼつ思い出話でも書こうかね、という気持ちになった。

実はもう一つブログがあって、この「不肖の妹分」は生真面目な姉を尻目に、
スタートの時点では予想もしなかったほど広がった。
こちらもスタートは二月下旬。
本格始動が三月はじめだ。

どうも私は、梅の咲くころになると、なにか始めたくなるバイオリズムのようなものが
あるようだ。
ついでに振り返ると、梅雨時から夏にかけて体調が湿り、冬寒くなると気分が冷え込む。
湿気と寒さにやけに弱いところだけは、立派にまだまだ中東を引きずっているらしい。

だらだらと散漫で恐縮だが、まあそんなこんなで、今後はのんべんだらりと
気が向いた時に記事を上げるようにしたいと思う。インシャアッラー。

以上、気の早い梅とともに、改めてご挨拶まで。


梅
 東風吹かばにほひおこせよ梅の花
          主なしとて春な忘れそ





追伸:
最近また中東メシを食べてきた。
クスクスなど、マグレブのほうのものだが、関心ある方はこちらをご参照下さい。  
Posted by arimaburabura at 02:16Comments(4)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年10月07日

彼岸花

彼岸花2都内の空き地の片隅に、彼岸花がさいていた。

紅い花がある日突然咲いて、おや、と思うと姿を消している。
なんだか謎の花だ。

名前の由来は、単純に「彼岸の頃に咲くから」とやら。



彼岸花「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」という名もあって、こちらは梵語か由来。

「天上の花」ということで、こちらは吉兆を示すのだが、
何故か日本では「死人花」「地獄花」「幽霊花」などなどとも呼ばれて、
どうも不吉なイメージが強い。




確かに、そろそろ陽が短くなる時期に、突然咲いて姿を消す姿といい、
華やかというよりはどことなく暗い紅の色合いといい、
不吉かどうかは別として、どうも不思議な花ではある。

これから冬に向かう、という思いを映しているのだろうか。
  
Posted by arimaburabura at 02:57Comments(2)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年09月21日

金木犀

金木犀2外で「おや?」と、立ち止まることがある。
金木犀の香りがするときだ。






金木犀1今年の横浜は、雨が降ったり冷え込んだり、いきなり蒸し暑くなったり・・・と、お天気が妙に忙しい。

でも、いつの間にか秋だ。
今年はいつもより、ちょっと早いような気がする。
金木犀が香ると、思わずあたりを見回してしまうが、なんとなく驚いた。


香りが強いのに、花は実に小さい。
よくよく見回さないと、どこに木があるのかもわからないことがある。

中国の南方が原産で「桂花」とも呼ばれる。
これを白ワインに漬けこんだものが、本来の桂花陳酒なのだそうだ。
お茶にもする。


題桂花美人 

桂花庭院月紛紛   桂花の庭院 月は紛紛
按罷霓裳酒半醺   霓裳を按じ罷んで 酒半ば醺す
折得一枝携満袖   一枝を折り得て 携へて袖に満つ
羅衣今夜不須熏   羅衣 今夜 熏するを須(もち)ひず

明代の詩人、高啓の作。

日本でもすっかり季節感に馴染んでいるけれど、実は江戸時代に初めて入ってきた花なのだそうだ。


  
Posted by arimaburabura at 13:47Comments(2)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年08月26日

露草

露草夏も盛りになると、花が一気に少なくなるが、朝型から昼頃までは露草が咲いている。

「蛍草」「藍花」「青花」「移草」「月草」などなど、色々な名で呼ばれるが、「青い色がつきやすいが褪せやすい」ということで、古来「儚さ」を思わせる花だ。

儚げな姿とは対照的に、実にどこにでもよく根を張って咲く。
女性のタイプとしては、好みがわかれるところなのだろうか?

さて、一転して英語名はと言えば"Wandering Jew"ときた。
さまよえるユダヤ人?
はてさて・・・。

花を見る心の、彼我の相違を感じてしまう。

露、といえば、露草とは関係ないけれど、思い出されるのは『伊勢物語』の一首。

「白玉かなにぞと人の問ひし時 露とこたへて消えなましものを」

とある恋仲のお姫さまを浚って逃げた男。
途中、このお姫さまが、朝まだきの露をみて「これはなあに?」と問いかけたけれど、返事もせずに逃げるのに必死。
一夜、仮の塒に恋人を寝せて、自分は入り口で番をしていたつもりが、ふと気づけば姫は鬼に喰われてしまっていた・・・というお話。

あの時「あれは露だよ」といって私も消えてしまいたかった、とうたっているのですが、実の所は、お姫様は家族に連れ戻されてしまって、ご本人とされる在原業平が嘆き節を一首、というのが本当のところだそうな。

まつわるエピソードも、かなりしぶといものではありますね。




  
Posted by arimaburabura at 10:22Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年08月17日

蓮古代エジプトの植物と言えば、パピルス(和名:カミガヤツリ)とロータス(蓮)だ。
パピルスは下エジプトを、ロータスは上エジプトをそれぞれ象徴する花で、この二つの花を象った王冠を、頭上に重ねて戴くことが、かつてのファラオの象徴的な姿だった。



カイロ考古学博物館前カイロ考古学博物館の庭の池には、中央にパピルスが、それを囲んで蓮が植えられている(写真はOsiris Expressより借用)。


ただし、この場合のロータス(lotus)は、日本でいう「蓮」はちょっと種類が違い、
むしろ「睡蓮(waterlily)」に近いものだ。
モネの連作でも知られている花だ。

西と東で品種が違う、ということである。


日本でいう蓮は「はちす」とも呼ばれる。
これは姿の通り、花の咲きおわりの姿が「蜂の巣」に似ているところから来ている。
根はいわゆる「レンコン(蓮根)」で食用となり、実は漢方で珍重されていて、体の熱をとり、心臓や腎臓、夏バテに効く、とされている。

別のブログでご紹介した「白キクラゲと蓮の実のデザート」などは、まさに薬膳なのだ。

さて、花の写真は三年前に伊豆で撮影したもの。
それまで睡蓮しかみたことがなかったのだが、初めてこの頼もしい大輪の蓮をみて、
平家物語で戦死した夫、通盛の後を追って海に身を投げた小宰相の

「あかで別れし妹背の仲、ふたたびかならず同じ蓮に迎へ給へ」

という節の意味がわかった。

あれをみるまで「二人のったら沈んじゃうんじゃないか」と、妙に頼りない気分だったのだ。

美しくも頼もしい、夏の花だ。
近所のどこにでもある、というわけでないのが寂しいのだけれど。  
Posted by arimaburabura at 02:21Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年08月03日

向日葵(ひまわり)

向日葵今年はなぜか向日葵が早く咲いている。
でも、気候が不安定なせいなのだか、いまひとつ勢いがない。
梅雨がようやく明けて、これから、ということなのだろうか?

最近は向日葵も、写真のように、なにやら小洒落たお洒落な風情の品種が増えた。
8月31日生まれの私にとっては、八月の誕生花ではある。

どうも風情がなくて好きではなかったのだが、ドカンとデカイ向日葵が、こうなってくると懐かしい。

「向日葵の ゆさりともせぬ 重たさよ」
北原白秋  
Posted by arimaburabura at 00:43Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年07月11日

薔薇の季節

赤い薔薇あれ、と思えば、薔薇が一休みの時期になってきた。
夏が来る。

五月に一度UPしたきりになっていたが、今年はなんだかどこの薔薇もいまひとつ元気が無くて、絵にならない。気のせいだろうか?

写真は今は引っ越してしまった、旧自宅の玄関先。
四年も前の五月・・・スミマセン。

でも、やはり薔薇といえば「紅」と思う。
語源も実はまったくその通りで、ケルト語の「rhodd(赤色)」だそうだ。


 薔薇ノ花。
 ナニゴトノ不思議ナケレド。

 照リ極マレバ木ヨリコボルル。
 光リコボルル。
 
 白秋  
Posted by arimaburabura at 02:25Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年06月30日

紫陽花 陽光の下で

紫陽花 光の下なんだか蒸し暑いが、今年は梅雨の晴れ間が多い。
紫陽花の色も、なんだか薄らぎ始めたような気がする。

紫陽花というと雨が似合う花だけれど、こんな色合いだと意外に陽光に映える。

紫陽花や帷子時の薄浅黄  芭蕉  
Posted by arimaburabura at 04:03Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年06月24日

紫陽花 梅雨の晴れ間に

紫陽花2
数日雨が続いたら、少し紫陽花の青みが増した。
そんなものなのかしらん、と思いつつ、梅雨の晴れ間に。

紫陽花や はなだにかはる きのふけふ
正岡子規
  
Posted by arimaburabura at 01:33Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年06月16日

紫陽花(アジサイ)

さて梅雨時。
せめてもの目の保養は紫陽花になる。

気のせいなのか、偶然なのか、今年の紫陽花は妙に桃色が目立つ。
しかも、濃い大紫のような色まで見かける。
自宅の紫陽花もそうだ。

紫陽花は、土壌が酸性だと青くなり、アルカリ性だと桃色になるという。


紫陽花どうも色のポップな今年の紫陽花。
これから雨が続いたら、また色が変わるだろうか?

   「紫陽花の 末一色と なりにけり」
         小林一茶  
Posted by arimaburabura at 10:35Comments(2)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年06月10日

鉄砲百合

百合
(2003年に撮影)
百合が咲き始めた。
鉄砲百合は、見かけが地味なのに香りは濃密だ。
姿が豪奢だが、香りのないカサブランカとは対照的だなあ、と思う。



ただ、切ってしまうと翌年花がつかないから、ひたすら庭に出て顔を寄せるしかない。
頂き物で嬉しいのは、そういう意味では百合の花かもしれない。

「歩く姿は百合の花」というけれど、確かにじっと濃密な香気をこもらせているよりも、
外でゆらりゆらりと残り香を漂わせるほうが百合には似合う。

旧約聖書の『雅歌』は、ソロモン王の婚礼の歌の章。
キリスト教では白百合といえば純潔のシンボルだが、
かつてはもう少し柔らかな官能的なイメージもあったようだ。

"My beloved is mine, and I am his: he feedeth among the lilies."
                              雅歌より



  
Posted by arimaburabura at 16:15Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年06月03日

蕃茉莉花(バンマツリカ)

バンマツリカ1
ジャスミン、茉莉花といっても、種類は色々とある。
羽衣ジャスミンの花に続いて、蕃茉莉花が満開だ。

写真のように、濃い紫の花が咲き、徐々に色を薄めて白花になって終わる。

日を追って色変わりするので、英語では"Morning-Noon-and-Night"とか、
"Yesterday-Today-and-Tomorrow"などという名前がついている。

香りはジャスミンだが、モクセイ科のジャスミンと違って茄子科。
そういえば、花がナスに似ている。

この香りが辺りにたちこめて、ぼんやりしているうちに梅雨になる。
そういえば、このごろ雨の日が続く。  
Posted by arimaburabura at 01:46Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月28日

芍薬

芍薬
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」というと、
昔から佳人の定型表現になっている。

芍薬は縦にすっと伸び、牡丹は横に広がるので最初の二つができたらしいが、
この二種はどちらも「牡丹科」で、お身内だそうな。
道理で、見てもどっちがどっちだか良くわからないわけだ。

ところで、最後になんで百合が入っているのかは、良くわからない。
同じ初夏に咲く花で、巧く調子が合って、かつ姿のいいのが百合だったから?

根拠なしです。すみません。

牡丹同様、中国から日本に来た花。
「芍薬」というだけに、根に鎮痛、沈静などの薬効があって漢方でよく使われている。

ちなみに、洋名は「ペオニア」で、ギリシャ神話の医の神「Paeon」に由来がある。
薬効は西洋でも古くから広く認められていたそうだ。

だとすると、起源は中国なのか、ギリシャなのか?
ご存知の方、教えてください。

「芍薬やつくえの上の紅楼夢」
         永井荷風  
Posted by arimaburabura at 14:22Comments(4)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月25日

牡丹

牡丹

牡丹の種類もいろいろで、色も形もさまざまだ。
冬の花というイメージがあるけれど、春から初夏にかけてもいろいろな種類が咲く。

この花は、ソフトボールくらいの大きさで、見事だった。

中国の国花で、弘法大使が持ち帰ったのが始まり、という説もある。

「一輪の 牡丹かがやく 病間かな」
     正岡子規  
Posted by arimaburabura at 13:05Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月23日

藤


藤の花を見るたび、何かに似ているなあと思っていたら、マメ科と聞いて「はあ、なるほど」と思った。
豆と聞くと食べるほうばっかりつい考えてしまうが、豆の花というのは結構かわいらしいのだ。
それが葡萄の房のように集まって枝垂れる。
日本の花だなあ、と、しみじみ思う。

盛りは過ぎてしまったが、まだそこここに、咲き残りがある。
以下は、万葉集から。

妹(いも)が家に、伊久里(いくり)の杜(もり)の、藤の花、今来む春も、常かくし見む

  
Posted by arimaburabura at 00:32Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月19日

羽衣ジャスミン

羽衣ジャスミン
羽衣ジャスミンが、一斉に香り始めた。
初夏の香りだ。

エジプトは太古の昔から香料用ジャスミン精油の最大輸出国。
確かに、ジャスミンの花輪を露天でよく売っていた。
ただし日本で見かけるものとは、同じモクセイ科でも種類が違うようだ。

ジャスミンもバラと並んで、中世中東世界で愛され珍重された花だ。
催淫効果があるということで、地中海からインドにいたるまで広く用いられたという。

ふふん「夜の香り」ね、と馬鹿にできない。
クレオパトラがカエサルやアントニウスを陥落するのに用いたというから、
歴史までをも変えた香りなのである。

ジャスミンの語源はアラビア語の「ヤスミン」。
これはアラブ世界の女性の名前にも多い。

 「真珠のようなジャスミンは
  羊毛で出来た貝からでたようだ」
    マハムード・アブルワファー


  
Posted by arimaburabura at 01:00Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月17日

薔薇の季節

060516薔薇見事に満開の薔薇。
初夏の柔らかな陽光に良く映える。

薔薇の起源は多様で、現在の栽培種の元になった野生種は世界各地にあるのだが、西アジア原産のものが多いそうだ。
中世の中東世界で非常に愛され、特にペルシア文学では欠かせないものとなっている。
イランのシーラーズには、今でも見事な薔薇園があるそうだ。

アッバス朝の医師は、薔薇は胃と肝臓によく、鎮静効果があるとしており、エッセンスが薬用にも用いられた。レバノン料理では食後のデザートにバラ水を入れるが、その名残かもしれない。
中世以来、香油の原料としても珍重されている。

「薔薇に浮かれた鴬は
 パフラビィ語で
 酒のめと 声ふりしぼることしきり」

         オマル・ハイヤーム  
Posted by arimaburabura at 01:50Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月11日

いちめんのなのはな

菜の花畑実家の近くで、やっと見られた菜の花畑。
でも、もうそろそろ終わりだ。東京近郊に、初夏がやってくる。


  
Posted by arimaburabura at 13:07Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月09日

花水木

060508花水木花水木は好きなのだけど、写真となると難しい。
この花は、まっすぐに空を向いているので、木の下から撮っても、
面白くも何ともないのだ。

花水木(薄桃色)
白、薄桃色、濃桃色など、色合いはさまざま。
咲きかけたつぼみも、面白い形をしていて楽しい。

元は北米原産で、アメリカヤマボウシ、という別の名前もついているが、
これはたまたま日本のヤマボウシと似ていたから、なんとなくついたとやら。
バージニア州の州花。
そういえば、どこか垢抜けたような、それでいてちょっと鄙びたような感じがする。

20世紀初頭、日本がアメリカに桜の苗木を送った時に、返礼として贈られたのが始ま
りだとか。
この原木はまだ日比谷公園にあるそうな。
花が終わる前に、見にいけると良いのだけれど。

 水際まで来てほしい
 つぼみをあげよう
 庭のハナミズキ
 
 一青拗
  
Posted by arimaburabura at 22:45Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年05月06日

タンポポ

060503タンポポ今年のタンポポは、なんだか、例年ほど元気がないような気がする。
気のせいだろうか。

気候が不安定で、花の勢いも年により違う。

元気のいいタンポポ畑に、今年は出会わなかった。
また来年、か…。  
Posted by arimaburabura at 08:17Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ