2006年01月25日

横浜中華(街)ぶらぶら案内(3)〜羊の串焼きはやっぱりうまい!〜

(街)は中華街とまったくかけ離れた所だから。
これは、どちらかというと、横浜コリアンストリート近辺の店。
でも、中華の話でございます。

横を通るたびに気になっていた。
私の大好きなモツ焼き屋さんや、韓国家庭料理の店などに向かう途中、いつも「あそこって、なんなんだろう・・・」と私の意味不明なヨダレ感を誘う店があったのだ。

羊肉串&東北料理
『延明』
横浜市中区長者町9−170
Tel.045-261-8946

入り口はとても怪しげで、「ちょっとなんとなく」は入れない感じ。
私は、少なくとも「初回は連れがいる」と思ったのだ。

だから、別の店で韓国鍋料理を食べまくったあと、
そっとオットの手を引いて「まあ、ビールでも・・・」と
間口が狭い割に奥行きのある店に連れ込んで
しまったのだった(あ〜れ〜〜〜!)

結論を言うと、トルコのチョプシシにホームシックを感じている人にはうってつけだ。
そうでなくても、羊肉が好きな人は結構楽しめるだろう。

驚いたことに、各テーブル炭火焼である。
前菜は無料で出てくる。
茹でたピーナッツがうまかった。

焼き鳥くらいに刻んだ羊肉が、鉄串に刺さって生で出る。
それを遠火の強火の炭火で焼いちゃうのである。

で、串一本100円から。
ものによって値段は違うが、100円、170円というところが基本。

正直言って、この値段だから羊肉が苦手な人には辛い店かも、としか言えないが、好きな人には炭焼きマジックで、結構おいしくいただけてしまう。
目の前の炭火でジュワジュワしている串焼肉・・・洗える服で行けばこんなに楽しいところはなくってよ。

ま、ともかく、おそらく日本で入手できる最低価格の羊肉を、実にうまくスパイスしている。
しかし、日本人が食べやすく・・・という気遣いはまったくない。

あと、私はダメだけれど、そういうものがお好きな方、ここは「蚕の幼虫」がありますです。
メニューに書いておいて、本当はない・・・というパターンが多いので「これは本当にあるの?」ときいたら「揚げるのも茹でるのもあるよ!おいしいよ!!」といわれた・・・。

焼き物も鳥牛などいろいろ。

あと、中生380円だった。

と、いうことで。  

Posted by arimaburabura at 19:38Comments(2)TrackBack(1) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年01月15日

横浜中華街 ぶらぶら案内(2) 小龍包

ついでにもうひとつ『小龍包』。

本当に最近中華街じゅうどこにでもあるのだけれど、特にしみじみおいしく思うことはない。
でも、数日前に整体院のショウさんのご推薦で行ってきた。

『新錦江』
横浜市中区山下町146 
TEL 045-663-1696
営業時間: 11:30〜15:00、17:00〜22:30、土日祝11:30〜22:30(LO各22:00)
定休日:無

系列店の『杜記』なる刀削麺の店が以前向かいにあったけど、まるっきりおいしいと思えなかった。
しばらく流行っていたが、いつのまにか消えて、こちらの店に合体していた(このあたり、根拠なしなので読み流してください)。
だから、入り口でその辺の事情を知った瞬間やめて帰ろうかと思ったが、まあまあと入った。

店内はオヤオヤと思うほどお洒落。
デートに使えます(中華街の場合、この辺の見極めが難しいかと思う)。
小龍包と坦々麺を頼みました。

まず坦々麺・・・真っ赤に燃える表面の下に白濁したスープ。
啜ってみると、そこそこの辛さとピーナッツの香りと甘さがいい感じのバランス。
「うめ〜」と一人つぶやいて、肉味噌をつつけば、これもピーナツの利いたピリ辛薄甘味。
向かいの店の時とは、調理人が変わったようだ。
同じものではない。

腰のある刀削麺にうまいこと絡んで、ハフハフのフフフとかっ込んでいたら「熱いのでお気をつけくださ〜い」と、小龍包到来。

巾着の先っぽをそっとつまんで、黒酢につける。
脇を小さく齧って、チュチュチュとスープを啜ったら、これはガッツポーズだった。
スープがブシャンとこぼれなくなった頃合を見て、せぇので口に放り込む。
ガフガフハフハフハフハフ。
フーフーフーのフフフフフフ。

単なる薄気味悪い人と成り果てて、お店を出た。
次は誰かを誘って、いろんな料理をオーダーしてみよう。

横浜中華街。
結構楽しいところなのではある
  
Posted by arimaburabura at 10:30Comments(2)TrackBack(1) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2006年01月14日

横浜中華街 ぶらぶら案内(1) 粥

【健康食彩館】味わい粥(中華粥)『中東ぶらぶら回想記』と銘打っておきながら、「中東ぶらぶら」でもなんでもない話が、ついつい出る。ちょこっと気になって、なんとなくどこかで中東にこじつけたりしていましたが・・・やめます。

基本は中東ですが、悲しいかな日本在住のワタシ。
ブログについては「読者サービス」ということで、中東と関係ないお話もしちゃいます!
いまさらですが。


で、中華街。

私は元々東京の荻窪やら三多摩やらで長く育ったので、横浜になじみはない。
なぜ横浜在住かといえば、カイロの職場から異動になったのが横浜だったからだ。

久しぶりに中華街に行って、すさまじい観光スポット化にたまげた。
まあ、20年も前から観光地ではあったけれど、まだなんだかちょっと怪しげな空気があった気がする。
大学生のころ、近所の友達が横浜の大学に通っていたから、よく連れて行ってもらったのだ。

ん?昔話はどうでもいいから、お勧めスポットを紹介せよ??
ハイハイ、ちょっと待ってくださいね。

中華街でおいしいものを食べるのは、実は案外難しい。
有名店には長蛇の列。待った挙句に「あ、そう・・・」程度の料理が相当乱雑にサーブされることもある。
それで済めばまだいいほうで「いったいどこをどうすればここまで不味い中華を料理できるものやら」
と、感嘆する(?)ことすらある。
文句を言う気にすらならない。

しかも、ここは一見様歓迎地域なので、結構あからさまに常連と観光客で内容に差が出る。
その上に、店の厨房スタッフが経営者側ともめて、ある日突然よそに移ることもある。
美味しかった店が突然「は??」というほど味が変わる。
挙句に厨房のスタッフが同じでも、小さな店では混んでいる時と暇な時であからさまに味が違う。

さて、お店のご紹介である。
実はネタ元の大半は、本人の努力もなくはないが、私が通っている中華街はずれの某整体院の情報だ。
このあたりの中華系社会の情報は結構緊密なようで「何であそこの店がいきなりまずくなったか」といったような話は、つぼ押しに絶叫しながらとはいえ結構きかせてもらえるのだ。

では、まず『粥』。

『謝甜記』
http://www.walkerplus.com/yokohama/gourmet/chinese/china062_c.html

どこが物珍しいのだと言われても、結局ここに戻ってきちゃうんだからしょうがないじゃないですか。
二号店も出たけど、なんかぱっとしない。
問題は長蛇の列だが、夕方五時ごろなど(特にウィークデイ)を狙えば、案外ゆっくりできる。
実は悲しいことに、粥以外の料理は未体験なのだけれど、かなり良いらしい。
なお「普通の時間帯」なら相席は当然の店なので、デートなどには向きません。
ここで楽しく二人粥をすすれるようになったら、愛は本物でしょう。

なお、私のお気に入りは『ピータンスタミナ粥』です。
たいてい一人で行って、スタミナをつけて家に帰り『ぶらぶら』の原稿を書きます・・・。


次回の中華街話は『小龍包』でも・・。

(つづく)

  
Posted by arimaburabura at 10:22Comments(2) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ