2006年11月19日

ハラールなお食事・・・東京ではどうする?

先日、エジプト人のゲストが来日することになった。
我が夫の重要取引先だ。

トップは国際派のビジネスマンで、特にこだわりなく「豚肉以外は」なんでも食べるが、
お供の方がかなり厳格なイスラム教徒との由。

当然のように「どこか調べといてオクレ」となる。
まあ、こういう時くらいは貢献しなければ、ということで「ハラール(*)な料理が
食べられるところ」を改めて探した。
過去も未来も無いに等しい「内助の功」、こういうときくらいは役に立たないと・・・
というわけだ。

(*ハラール:今回はイスラームの教義にのっとって処理した肉を使用している、ということ。ソースはアルコール抜きは当然として、ハラールでない肉の出汁が混入していてもNG)

なにしろ彼らが中国に出かけたときは、毎日リンゴとバナナで「生きながらえた」という。
豚が絶対に駄目と言ったら駄目なので、中国の場合「何に豚が混じっているかわからない」
という不安が強烈らしい。

そういうわけで、知っている限りの店をリストアップしたのだが、都心部に限定すると難しいものだ。
いきなり行って完全にハラールなレストランなど、日本で営業が成り立つはずがないのだから、まあ想定内ではある。
その日のゲストの体調や希望で行く場所も変わるから、なかなか事前予約をしておくわけにも行かない。

一応、私が確認してあった店は二店あった。
小川町のアフガニスタン料理『神田カブール食堂』がひとつ。
しかし、なんと閉店してしまっていたのである。
味はソコソコだが、なかなか雰囲気良い店だったので、これは残念。

次は、リクエストベースでやってもらえるという、エジプト料理の『エル・サラーヤ』
要事前手配だが、オーナーが同胞だから何とか対応してくれるのでは、と思った次第。

ところが、何故か電話をしたら「夏休み中」という案内が流れていた・・・と。
ちなみに時は11月なのである。やれやれ。

トルコ料理の場合は、最初から「うちはそういうのはやりません」という店が多い。

残るひとつはイラン料理。
詳細は以下。
イラン料理 アラジン
最寄駅:六本木
料理:アラブ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食

私は行ったことがないのだが、店の前はよく通るので、メニューに「当店はハラールです」
というような内容が明示してあるのは知っていた。
さすが、場所が六本木ヒルズのそばだけに、そういう需要があるのだろう。

もちろんアルコールは一切出さない。
夫によると「なかなか美味かった」との由。
「でも、日本人がほとんどいなかったなあ。不思議な気分だったよ」

ここでは、ゲストもたいそう喜んでなんでも食べていた、との由。

正式な会食は、高級インド料理店で事前にハラールのリクエストを出して調製してもらう。
でも、やっぱり「肉はあんまり食べていなかった・・・」と。
結局のところエジプト人は、インド人をあんまり信用していないのである。

かくして手持ちのカードを使いきってしまい「あとはどうするの?」と聞いたら
「天麩羅と焼き鳥、と言ってるよ」

天麩羅、なるほどこれは正解だ。
基本的に肉が入らないし、植物油使用が当然だから、これはハラール。
ふむふむ・・・し・か・し!

「・・・焼き鳥って、駄目じゃないの・・・」
「鶏は小さいし、四つ足じゃないからいいんだって」
「・・・はぁ?・・・」

ヲイっ!という感じである。
小さかろうが四つ足でなかろうが、駄目なものは駄目ではないのか?!

まあ本人が良いと言っているのだから、しつこく突っ込むまい、と焼き鳥専門店に行ったら
ご満悦だったとの由。

実は、この「ハラールな食事」については、旅行者はある程度は免責、という教義が
一応はある。
豚肉は完全に「ゲテモノ」の類なので、まず食べようとしないが、豚以外の肉類に関しては
人によっては大して気にしないこともある。
だから、本人の考え方次第、ということなのではある。

でもねえ・・・と、なんだか不思議な気分になった。
鶏は小さいからいい、って・・・ううむ・・・。

尚、ハラールな肉は、インド料理や中東系の料理店では、事前リクエストすれば調製可能な
ところが結構あるのだが、実は肉の質は必ずしもよろしくないらしい。

実は、横浜某所勤務時代には、そういう「ハラール指定」の手配は何度となくかけていた。
あるときシェフが、厨房で最後の仕上げをしているのをみて「おいしそうだワ」と言ったら
「美味くないよ!」と、キッパリと、かつ若干怒り顔で言われたことがあるのだ。

「こういう肉って卸元が選べないから、普段使ってる肉屋の持ってくるもんとまるっきり
質がちがうんだよね。だから、俺に言わせりゃあ、煮ても焼いても食えない。
しょうがないけどさ」

やはり、プロとしては駄目とわかっている食材を敢えて使うのは、不本意なことらしい。
「ハラール」のリクエストを入れる度に、すんなりスッキリ受けてもらえないと思ったら、
どうもそういう事情だったのだなあ、とそのときに知った。

そういう料理を実際に食べる機会がなかったので、私は実感として良くわからないのだが、
某インド料理のレストランでハラール指定の「豪華ディナー」を食べてきた夫によると
「やっぱり美味くない」ということだった。

このあと、エジプト人ゲストたちは中国に向かったらしい。
あの美食の国でリンゴとバナナか・・・と思うと、それはそれでかなり気の毒な話だ。
せめて日本で栄養をつけていってもらえて、よかったなあと思った次第である。

  

Posted by arimaburabura at 22:01Comments(14)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月30日

イランの家庭で夕食

イラン料理〜家庭にて2〜チェロウ(ピラフ)に焼いたチキンをごっそり乗せて、スープにサラダ、という光景。
このチキンが、ブロイラーじゃないから香りも歯ごたえもまるで違う・・・と、夫は言った。

あっそ。

イラン料理〜家庭にて3〜しかし、食い散らす前にとってほしいですね、特派員殿!

イラン料理〜家庭にて4〜チキンの焦げ加減が、食欲をそそります!!  
Posted by arimaburabura at 19:37Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月13日

イラン料理 チェロケバブ

イラン料理 チェロケバブチェロというのはチェロウと発音して、ピラフのことだそうだ。
ごはん添えケバブ、ということになる。
このケバブは羊の挽肉を平たく伸ばして焼いたもの。
滴る肉汁が見ているだけでたまりません・・・!

私はテヘランに行ったことはないのだが、夫は年に数回いっている。
巨大草食獣系で、肉はあまり好んで食べないので、この羊肉天国にあってまったくありがたみがわからない気の毒なオトコだ。

初めて行った時には、毎夜毎夜違う取引先がパンパンに張り切って現れては「テヘランで一番うまいシシケバブを食べさせてやる!」と、あっちこっちでケバブ責めにあったそうだ。
当地では「山ほど食べさせる」のがホスピタリティーで、「山ほど食べる」のがその答礼となる。
しかも、日本人離れした体格の夫の場合「食べられましぇん」などという言い訳は、下手をすると非礼に取られかねない。

「キミのように羊肉が好きなら、毎日楽しかろうね」などという台詞は、最近聞き飽きて嫌味にしか聞こえないが、帰国するたび玄関先に獣臭が漂うと、ああ、彼も大変だったのね・・・と思う妻の私ではある。

ただし、食事に添えて山ほど出てくるヨーグルトは、中東界隈で一番美味い!とのことだ。
  
Posted by arimaburabura at 21:08Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ