2007年05月26日

トール、ダーク、ハンサムの謎 〜ニュースのお時間です〜

「インドの花嫁、相手が「色黒」で結婚を嫌がる」というニュースが、ロイターから。

この記事の趣旨は「女性が結婚相手を自由に選べない社会」という、ところなのだが、
私はむしろ「やっぱりインドでもそうなのかぁ」と、違うところに目が行った。
「色黒の男はいやだ」というくだりである。

欧米のロマンス小説など見ても、日本でモテる男性のタイプ類型を見ても、モテる男の
大事なキーワードは「トール、ダーク、ハンサム」ではなかろうか。
もちろん「リッチ」の一語は通奏低音のようにキッチリと根幹を決めてはいるが、
とりあえず「容姿」ということに限れば「背が高くて、肌が浅黒くて、堀の深い顔立ち」
の男性は、日本でも欧米でも女性に人気にちがいない。
直接リサーチしたことはないのだが、ホストクラブのホストの皆さんの多くは、
皮膚癌も怖れず日焼けサロンに通っている、とも聞く。

実に即物的に「そういう男性」を求めてエジプトにやってくる欧米女性も少なからずいる。
別にあからさまにそれが目的でなくても、日本人始めとしたアジアの女性たちも、
やっぱり現地の男性に言い寄られてあっという間に「恋に落ちる」パターンは多い。

別にそれはよろしい。
個人の自由なので。
真剣な恋に燃えるなり、割り切って遊ぶなり、お好きにどうぞ。

以前の記事で触れたこともあったと思うが、実はこの「肌が浅黒い」というポイント、
中東一帯では取り立てて美点にならないのである。
「まあ、そりゃあみんな浅黒いからねえ」などといってしまえば身も蓋もないが、
実際のところ現地の女性たちに色々聞いてみると、やはり「肌の色が白い男性」が
「ハンサム」という感覚らしいのだ。

「ここのオフィスで誰が一番ハンサム?」という質問を数箇所でぶつけてみた結果、
ベスト3に入ってくるのは「生白いヨーロッパ風」なオトコばっかりで、しみじみと
彼我の差(?)を感じたものである。

はるかグレコ・ローマンの時代から、支配階層は肌の白いヨーロッパ系の人種が
多かったせいだろうか、などと想像してみる。
特にエジプトに限れば、旧支配階級はトルコ系だった、ということも大きいのだろう。

尚、女性はどうかといえば男性よりも極端で「美人=色白」の図式はもっと強烈だ。
湾岸のほうの知人が「エジプトの女性は色が黒くてイヤだ」とはっきり口にするのを
聞いて「へえ」と驚いたこともある。

もっとも「じゃあ、結婚するなら?」の問いには、全員声をそろえて

「お金持ち!」

ということなのではあった。
ここで「そうねえ・・・」などとふと考えてみるのは、間違いなくたいそう立派なお宅の
お嬢様ばかり。
まあ、そんなものなのかもしれない。

ともあれ、このニュースを聞いて、インド辺りでも、同じような感覚があるのかなあ、
と思いをめぐらせた次第。

ところでこの記事で、色黒の花婿氏は花嫁の家の前でハンガーストライキを行って
抗議した、という話。
結局どうなったのかなあ、と少し心配してみたりする。
余計なお世話だろうが。
  

Posted by arimaburabura at 16:38Comments(10)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月27日

"Not Without My Daughter"

第35話の記事について、読者の方からコメントをいただいた。
ブログには掲載済みだが、ご参考までに紹介させていただく。
エジプト在住の日本女性で、エジプト人と結婚している方だ。

→ 私が経験から学んだことは「エジプト人と日本人のカップルは離婚率が
95%」ということ。これは外務省からじきじきにお電話で知らされました。
あと、離婚時に支払う慰謝料を結婚の登録書類に明記しますが、その2.5%を
税金というのか手数料というのかわけのの分からない理由で徴収されます。
それが嫌で1ポンドと書くカップルもいるらしいですね。
(中略)
ちなみに、エジプト人と結婚した邦人女性は夫の許可なく国外に出れないって
ご存知ですか?夫婦喧嘩して「子どもを連れて実家に帰ります!」はできない
みたい。こちらも外務省に頼んでもどうにもならないそうなので・・・。
(以上、コメント引用)

"Not Without My Daughter"というノンフィクションが、10年ちょっと前に
話題になった。
イラン人と結婚したアメリカ人女性が、夫の里帰りに娘を連れて同行し、
それきりパスポートを取り上げられて軟禁状態にされた後、
艱難辛苦を乗り越えて母子ともに脱出を果たす、という話だ。

彼女はまず、夫や家族の目を盗んで、娘を連れてアメリカ大使館に駆け込み
保護を求めたが「ご本人はパスポートを再発給して出国させられるけれど、
お嬢さんはイランの国内法で『夫の従属物』とみなされるので、ご主人の許可
がなければ置いていくより他ありません」と言われてショックを受けるのだ。
その時"No. Not without my daughter!"といった、
その言葉がタイトルになっている。

これが邦人の場合、大使館がどのように動くのかは未調査だが、
エジプトでも同じような話をいくつか耳にしてショックを受けたことがある。
私自身、イランというのは変わった極端な国だ、という変な思い込みがあって
まさか自分のなじんだエジプトでも同じような話が起こりうるとは思っても
いなかったのだ。
この状況は国によってもいろいろだろうと思う。
自分なりに調べているけれど、各国の状況をご存知の方は、
参考までにぜひ教えてください。


Not Without My Daughter Betty Mahmoody (著)


また、この作品はサリー・フィールド主演で映画化もされている。
星の流れる果て』 VHS (1993/07/29)


尚、こちらのコメントを下さったmonaさんは、エジプト生活をご自身のブログ
でライブ中継中。
楽しい生活記です。覗いてみてください。

『ピラミッドが見える家』
http://blog.goo.ne.jp/tamaemona/  
Posted by arimaburabura at 10:57Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月25日

恋愛と結婚 御当地事情 其の三 【第37話】 Part

●日本人の友人の披露宴

日本人の友人とエジプト人の男性の結婚式に出たことがある。
このときはとりあえず軽く腹ごしらえしていくくらいの知恵はあったから、
ひもじさに苦しむことはなかったが、会場の光景がなかなか面白かった。
参列者の半分は日本人か日本関連の仕事をしているエジプト人になる。
会場正面に向かって左が新婦側、右が新郎側の招待客という配置だ。

左側はすばやく埋まっていく。
花嫁本人が「あの典型的なエジプト式のだらだら長いのはいや!」とはっきり
言っていたから、一応私も45分遅れくらいで会場入り。
当然席が埋まってきているのは「左側」だけだが、とりあえず周りに人はいた。

しかし、反対側がなかなか埋まらないのである。
左右でもうはっきりとコントラストを描いている。
花嫁に後で聞いたら案の定「私はさっさとはじめたかったけど、
ダンナの親類もいないのにさすがに会場には入れなかったのよ」との由。
そりゃあ、まあそうでしょう。

でもまあ、10時ごろにはそろそろ人も集まって、花嫁花婿入場。
ディナーは10時半ごろには始まったから、かなり早いほうだ。

しかし料理がすべて出たころはすでに深夜を過ぎている。
「左側」はそろそろ帰るタイミングをはかりはじめているのである。
一方で「右側」の場合「夜はこれから!」という勢い。
序盤とは左右で空気がまるで逆転している。
右側が盛り上がっているのに、新婦を置いて左側が閑散とするのも気の毒だ。
そんなわけで、左側はしばらく辛抱し、目立たぬように三々五々帰っていった
のだった。

そう、エジプトの婚礼は、来るのも帰るのも、特に決まったタイミングはない
のである。
  続きを読む
Posted by arimaburabura at 19:28Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月24日

恋愛と結婚 御当地事情 其の三 【第37話】 Part

●結婚披露宴はオールナイト!

さて、結婚式である。
婚約から晴れて結婚にいたる期間は日本同様エジプトでも様々だが、
経済的な事情などで延びに延びるケースなども多いと前回書いた。
そもそも「人生の一大イベント」であることは、世界各国と同じ。
めでたいことだけに派手な祝宴はつきものである。

ただしイスラム教徒の場合は「結婚式」はモスクで身内のみで行う。
キリスト教式のように、大勢の前で派手やかには行わない。
コプト教徒といわれるキリスト教徒の場合は、教会で普通に式を行う。

で、披露宴。
私も何度かよばれて、身に染みて学習したことがある。

1.招待状のスタート時間に行っても会場はがらがらである。
2.ご馳走は山ほど出るが、ありつけるのは深夜になってから。
3.原則として時間制限なし。本格的な盛り上がりは深夜過ぎ。

よそのイスラム圏の国ではどうだか知らないが、エジプトの場合はそうなる。

  続きを読む
Posted by arimaburabura at 19:38Comments(0)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月18日

恋愛と結婚 御当地事情 其の二  【第36話】

●「親日」の理由

日本で「ガイジン」というと、青い目金髪とまではいわないが基本は欧米系だ。
「ガイジン」という言葉自体が差別用語の一種ではあるが、そのカテゴリーの
外国人は、それ以外のいわゆる黄色〜有色系の人々よりも、日本での生活は往
々にして楽である。

エジプトにも同じような言葉はある。
「ハワーガ」という。
で、日本人も一応この範疇に含まれる。

エジプトはじめ中東エリアは非常に親日的だ。
女性に限らず、日本人はたいていどこでも親切にしてもらえるし、変に差別さ
れたり馬鹿にされたりすることがほとんどないので、ヨーロッパあたりで生活
するよりもはるかに呑気に暮らせる。
「この国は人種差別がないからいいね」とまで言う人がいる。

でも、申し訳ないが、人種差別は存在する。
この国の場合「肌の色の白さ」というのはステータスなのだ。
こういうと実も蓋もないが、日本人は彼らの意識の中で「ハワーガ」のうちに
入っているからいやな思いをしないのだ。
いわゆるブラック・アフリカンに対する差別意識などは、
日本人が有色系の人々に向ける以上のものがある。

実際、過去の職場で「一人スタッフにヌビア系(黒人)が入るのだけれど、
日本のゲストは気にするだろうか?」ときかれて面食らったことがある。
「日本のお客さんにしてみれば、浅黒も真黒も大した差じゃないから気にしな
くても…」と喉元まで出掛かったが、あまりに口が悪い気がしてやめておいた。

また「親日の理由」はもうひとつ単純なところにある。
歴史的な確執が良くも悪しくもゼロなのだ。
だから、英仏やアメリカなどに対しては、憧れじみたコンプレックスと
ともにある「反感」が、日本に関してはない。まったくない。

しかも「あのアメリカ」に原爆まで落とされたのに、立派に戦後復興して、
ソニーだトヨタだという日本製品が世界を席巻するにいたる勤勉さへの
前向きな評価と、単純なブランドイメージ。

挙句、ODAなどで援助は山ほど。
日本のイメージ、悪かろうはずはないのだ。


●女性の場合

同国人同士でも、肌の白さと異性の人気は比例する。
容姿という要素はあるけれど、とにかく肌の色が白い男女がまずもてる。
まあ「浅黒い肌」が特段珍しくない土地柄、というのもあるのだろう。
あと、湾岸地域あたりの男性に言わせると「エジプトの女は色が黒くて可愛く
ない」そうだから、白い肌への憧れはエジプトに限ったことではないらしい。

で、前回も触れたが、日本の女性はもてる。
欧米系の女性も同様だが、華奢で小柄で優しげな風情はやはり独特らしい。
また、主に肉体関係の痴的(?)興味関心好奇心も高い。
何より、同国人とは早々気楽に付き合えない男性が大多数だ。
妄想煩悩情動の焔は押さえつけられているだけに、若ければ若いなりに、
若くなければ若くないなりに、飛び出す方向をひたすら待ち構えている。

そこに現れるのが、一見自由に、あるいは性的にルーズに見える外国人の女性
たち、というわけだ。
道行く外国人女性に妄想や幻想を膨らませるところから始まって、とにかく
少しでも親切にしようと競って寄り集まってくることになる。

この段階では、心の中で何を思っていようと、単なる親切な人たちなので
実害はない。
ただ、こうして相手の女性とか関わり合っているうちに、最初は単なる親切で
色々助けていたのが、いつのまにかその女性への好意に変わるケースは多い。
特に独身男性の場合など、心身気候条件ともに乾燥して干上がっているせいか
アレレという間に火がついて燃え上がるのも早い。

せっかくのホスピタリティーを後味の悪い思いに変えないためにも、
女性の側がきちんと線を引いて、変に馴れ馴れしくしないよう、注意したい。


●「婚約者」とはいうけれど・・・

ここで脱線。

ホテルの営業という仕事をカイロでやっていると、何故かよろず悩み事相談室
のようになってきたものだ。
ホテル=守秘義務=秘密厳守みたいなイメージがあるんだろうか?
また、着任から二年で仕事がドドドドと増えたので、日本人のアシスタントを
採用してよいことになって、面接でいろいろな人にあった。

他人の行状に大きなことを言えない私だが、私がまず面接する段階で、
一発NGの項目があった。
  続きを読む
Posted by arimaburabura at 17:17Comments(6)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2005年11月11日

恋愛と結婚 御当地事情 其の一 【第35話】

●大和撫子は世界の憧れ?

日本の女性が中東各地を旅行すると、たいてい誰でも一度や二度は、
現地の男性にアプローチされる。
頻度に個人差はあるだろうけれど、結構「容姿年齢問わず」だ。

昔から、控えめで男性を立てて行動する日本女性のイメージは「世界の憧れ」
だった。
中東に限らず、欧米でも憧れる男性がいまだに多いらしい。
正確に言うと「こういう女性に憧れを持つタイプ」が欧米に結構いる、
ということだ。
一方で「ひたすら男の後ろばかりついてくるオンナのどこが面白いんだ?」
という人たちもいる。
どっちも誤解だか幻想だかよくわからんイメージに偏ってはいるけど
日本の女性がヨーロッパや中東あたりにいると、何かと目立つのは事実である。

欧米に関しては、憧れ派に同情したくなるような現実は結構見た。
何しろ女性が強いのである。
で、男性のほうも向こうを張れるだけ強ければいいのだし、普通はお互いに
切磋琢磨状態でバランスをとっていくようだけれど、案外ついていけない
男性はいて、日本女性の立居振舞に安らぎを覚えるわけだ。
  続きを読む
Posted by arimaburabura at 22:43Comments(8)TrackBack(1) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ