2007年11月23日

今すぐ人気ブログランキング

エジプトへの邦人渡航者、ついに10万人越え

日経ネットの記事によると、エジプトへの日本人渡航者がついに10万を超えた由。
以下引用。

「エジプトへの日本人訪問者、初めて年間10万人超す
エジプト観光庁によると同国への日本人訪問者数は今年1―10月で10万9000人(前年同期比63%増)と初めて年間10万人を超えた。過去の最高は1997年の9万1000人だった。同年11月17日にイスラム過激派により日本人を含む外国人58人が殺されたルクソール事件以来、10年で回復した形だ」

この「10万」という数は、ずいぶん前から日本エジプトを問わず関係者の悲願だったから、大変嬉しいことだ。

記事にあるように、過去最高は9万越えくらい。
この年は年末年始を控えて「今年こそ10万達成!」と関係者一同が非常に盛り上がっていた時期だった。
JATAという日本旅行業協会主催の大イベント開催の年でもあり、この年エジプト政府観光局は相当な資金を投入して巨大なブースまで設営していた。
当時は私自身も在カイロのホテルの人間で、関係者ということでカイロから日本に出張してきていたのだった。

あのときの勢いは凄まじかったと思う。
初日の客先回りでは、各大手代理店の担当者が新規予約のファイルを積み上げて待ち構えていてくれた。
この数年前に、冷たい目で腕組みして「エジプトねえ・・・まあねえ・・・」と、いかにも気乗りのしない口調であしらわれていたことなど嘘のようだった。
一体どうしてしまったんだろう?!と面食らうほどの熱烈歓迎ぶり。
その日の仕上げは、夜の大手代理店との会食で、高いワインを気前よく抜いた。

座は勢いよく盛り上がり、さて二次会でもしましょうか・・・というタイミングで、同席していた部長氏の携帯が鳴った。
絶句して青ざめる氏の顔は今でも忘れられない。
中座して戻った時に告げられたのは「ルクソールのハトシェプスト葬祭殿で・・・」という信じがたいようなニュースだった。
テロ勃発、である。

そのまま会食はお開きで、ホテルにもどって情報収集に追われた。
CNNをつけっぱなしでカイロに電話をかけたら、どうも話が今さっき聞いたようなことばかりだ。
「ところで、そっちの情報源は?」ときいたら、なんとCNNだったので電話を切った。
今はどうだかわからないが、当時のエジプトの場合は政府からの「大本営発表」など誰も当てにしていなかったのである。
かなり脱力感と徒労感があったが、おかげでここでばたばた情報収集に走っても、結局は自分の気を紛らわせているだけで特になんの役にもたちはしない、ということに気付いてベッドにもぐりこんだ。
しかし一睡もできなかったのをよく覚えている。

直後のJATA会議では、立派に出来上がったエジプトのブースがやけにがらんとして、呆けたような顔つきでぼんやりしている関係者の姿に胸が痛んだ。
こういうと他人事のようだが、私も呆けた顔つきの関係者の一人だったのだ。

そんなこんなで日本からの観光客はしばらく途絶えた。
数年後には何とか持ち直して勢いをつけはじめた雰囲気は感じていたが、ついに今年念願の10万人を達成したわけだ。

あれからもう10年たってしまったのか、という思いと、10年もかかったのだなあ、という思いが交錯して感慨深いものがある。


今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/51183734
この記事へのコメント
お久しぶりです
エジプトへの渡航者、年間10万人ですか。
考えてみれば1日300人エジプトへ行っているわけですからすごいことですね。
わたしもエジプトからひきあげて10年です。

先日、エジプトものの本を訳しました。
アビドスにすんでいたオンム・セティの話です。
ありまさんも彼女のことは知っていますよね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105057316/earclecocolon-22/ref=nosim/

ブログにもかんたんな紹介書きました。
http://earclean.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_f57e.html
Posted by 田中真知 at 2007年12月04日 13:26
田中真知さん

どうもどうも、お久しぶりです。
そうなんです。あれから10年たってしまいました。早いものです。

アビドスのオシリス神殿は、実は一番好きな神殿です。
この女性の話は有名ですが、バイオグラフィが出ていたとは驚きです。

面白そうな本ですね。
機会を見てこちらでもご紹介できれば、と思います。
Posted by アリーマ at 2007年12月04日 15:19
あの事件は衝撃でしたね。旅行者としてもまさかあのエジプトがと思いました。また、古代エジプトへのあこがれなど誰もが同じような気持ちで訪れたはずなのに命を失ってしまった人たちへの思いとイスラームへの評判が悪くなることに心が痛んだことを思い出しました。
 でも、その業界にいた人はもっと落ち込んでいたんですね。あれから10年・・・いろんな気持ちを私なりに今かみしめています。
Posted by miriyun at 2007年12月15日 13:33
miriyunさん

叱られてしまうかもしれないけれど、私にとって「無差別テロ」といえば9・11ではなくてハトシェプストです。
そのくらい衝撃は深く、関係者のショックは計り知れないものがありました。

そして誰よりショックを受けていたのが、現地のエジプト人だったことを思い出します。

10年、そして邦人渡航者10万越えという数字に、複雑な感慨が湧いてしまうのです。このまま平和なときが過ぎて欲しいと、祈るように思います。
Posted by アリーマ at 2007年12月15日 19:38

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ