2007年05月26日

今すぐ人気ブログランキング

トール、ダーク、ハンサムの謎 〜ニュースのお時間です〜

「インドの花嫁、相手が「色黒」で結婚を嫌がる」というニュースが、ロイターから。

この記事の趣旨は「女性が結婚相手を自由に選べない社会」という、ところなのだが、
私はむしろ「やっぱりインドでもそうなのかぁ」と、違うところに目が行った。
「色黒の男はいやだ」というくだりである。

欧米のロマンス小説など見ても、日本でモテる男性のタイプ類型を見ても、モテる男の
大事なキーワードは「トール、ダーク、ハンサム」ではなかろうか。
もちろん「リッチ」の一語は通奏低音のようにキッチリと根幹を決めてはいるが、
とりあえず「容姿」ということに限れば「背が高くて、肌が浅黒くて、堀の深い顔立ち」
の男性は、日本でも欧米でも女性に人気にちがいない。
直接リサーチしたことはないのだが、ホストクラブのホストの皆さんの多くは、
皮膚癌も怖れず日焼けサロンに通っている、とも聞く。

実に即物的に「そういう男性」を求めてエジプトにやってくる欧米女性も少なからずいる。
別にあからさまにそれが目的でなくても、日本人始めとしたアジアの女性たちも、
やっぱり現地の男性に言い寄られてあっという間に「恋に落ちる」パターンは多い。

別にそれはよろしい。
個人の自由なので。
真剣な恋に燃えるなり、割り切って遊ぶなり、お好きにどうぞ。

以前の記事で触れたこともあったと思うが、実はこの「肌が浅黒い」というポイント、
中東一帯では取り立てて美点にならないのである。
「まあ、そりゃあみんな浅黒いからねえ」などといってしまえば身も蓋もないが、
実際のところ現地の女性たちに色々聞いてみると、やはり「肌の色が白い男性」が
「ハンサム」という感覚らしいのだ。

「ここのオフィスで誰が一番ハンサム?」という質問を数箇所でぶつけてみた結果、
ベスト3に入ってくるのは「生白いヨーロッパ風」なオトコばっかりで、しみじみと
彼我の差(?)を感じたものである。

はるかグレコ・ローマンの時代から、支配階層は肌の白いヨーロッパ系の人種が
多かったせいだろうか、などと想像してみる。
特にエジプトに限れば、旧支配階級はトルコ系だった、ということも大きいのだろう。

尚、女性はどうかといえば男性よりも極端で「美人=色白」の図式はもっと強烈だ。
湾岸のほうの知人が「エジプトの女性は色が黒くてイヤだ」とはっきり口にするのを
聞いて「へえ」と驚いたこともある。

もっとも「じゃあ、結婚するなら?」の問いには、全員声をそろえて

「お金持ち!」

ということなのではあった。
ここで「そうねえ・・・」などとふと考えてみるのは、間違いなくたいそう立派なお宅の
お嬢様ばかり。
まあ、そんなものなのかもしれない。

ともあれ、このニュースを聞いて、インド辺りでも、同じような感覚があるのかなあ、
と思いをめぐらせた次第。

ところでこの記事で、色黒の花婿氏は花嫁の家の前でハンガーストライキを行って
抗議した、という話。
結局どうなったのかなあ、と少し心配してみたりする。
余計なお世話だろうが。



今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは。
時代が変われば、強さの象徴かもしれませんよ>肌の黒い男性。

失礼な質問になりますが、アリーマさんって旦那さんのどこに惹かれたんですか?(嫌なら無視してもよろしいですよ)。

ハンガーストライキは赤の他人と同様の反応じゃないですか?特別に、それで何が変わるかということはないと思いますよ。婿の方が金持ちなら、何かおきたかもしれませんが。
Posted by ぺけ助 at 2007年05月28日 18:24
ペケ助さん

>時代が変われば、強さの象徴かもしれませんよ>肌の黒い男性。

そうかもしれませんね。

>アリーマさんって旦那さんのどこに惹かれたんですか?

トール、ダーク、ハンサムでお金持ちだったんです!

・・・嘘です・・・(嘆)

異常に猫が好き、という共通項はありましょうか。
我が家では「猫はかすがい」です。それで15年、です。
Posted by アリーマ at 2007年05月29日 00:49
所詮はやっぱり最後は相性なんですね>猫好き

いくら惚れてても、仲が悪いと駄目でしょうからね。愛しすぎで、寝込み襲って殺すようだったりすると危険ですしね。

15年ですか、私はその歳は不登校で家に閉じこもってましたよ。“みんな勉強を頑張ってるんだから、外に遊びにいってはいけません”て思って、です。そのため、受験勉強を知りません。

Posted by ぺけ助 at 2007年05月29日 20:01
人は見た目が○割を地で行くようなお話しですね。私も、その婿(候補)殿が気の毒で、どうなったのかなと思います。
ところで、知り合いが、数人のエジプト人女子学生に聞いたら、「ムコ候補は人柄」と言い、男子学生は「ヨメ候補は顔」と言い切ったそうです。で、色白は美人の一条件とか。驚いた知人は、「顔がきれいでも、性格が悪かったらどうするの?」と聞くと、「(ヨメの)性格が悪いのは自分の教育・力で変えられるが、顔の不細工なのは自分の力ではなんともならないから」と言ったそうです。やっぱり亭主関白文化と、整形技術の普及が今一なのが原因なのでしょうか?? でも、たいがいのエジプト人女性は、私の目にはとても美人に映るのですが。色白かどうかはともかく、何故、ああも美人が多いのでしょう? (単に私の好みかも)
Posted by かもめ at 2007年06月03日 01:07
かもめさん
私の分のことですか?<人は見た目が○割
顔は、民族性の違いだと思いますよ。日本とは、気候が違うでしょうからね。

う〜ん、私ががガキすぎで大人の理性を信じすぎなのでしょうか<色黒の婿

ハンガーストライキは、あくまで嫁候補の家に対する抗議ですよね。それによる失職の心配をしてるなら、分かるんですが。
Posted by ぺけ助 at 2007年06月03日 13:07
ペケ助さん
かもめさん

中東の場合、日本よりはるかに表現がストレートに出ることが往々にしてあります。ケースは色々ですが、良し悪しは別にして、日本人が口にしては体裁が悪いから敢えてしゃべらないようなことを、かなりはっきり言うので、驚いてしまうこともあるわけです。
どこの国の人間でも、結婚したり交際したりする相手の容姿にまったく意識を向けない人間はいないのですが、その中で「肌の色に関する感覚」が中東では違う、ということですね。

中東の人の顔立ちは、見慣れないと非常にエキゾチック(文字通り)でステキに見えますよね。まあ好みの問題もあるだろうけれど、見慣れると特別な感興を覚えなくなったりします。
どこまで行っても、結局は個人の好き嫌いの問題が基本ですが、「肌の色が黒い相手はNG」という感覚に、現地特有の社会感覚や歴史背景などが透けて見えて、客観的に面白いなあ、と感じます。
Posted by アリーマ at 2007年06月03日 13:45
ペケ助さん
アリーマさん

「人は見た目が○割」というのは、ある本のタイトルだったと思いますが、実は、私はその言葉に内心反発していまして…。小さい時から、親や先生など周りの大人に「人間は中身。外見ではない!」と言われ続けられ、見事に刷り込まれた結果、外見にこだわって、(アリーマさんご指摘のように)それをはっきり言うのを見ると自動的に「外見がそんなに大切?」と思うのです。御不快感を与えたのでしたら、すみませんでした。

「…現地特有の社会感覚や歴史背景などが透けて見えて、…面白い」私もそうなんです! 私は、「性格の悪いのは夫たる自分の教育で直る」という考え方が面白かったのです。たった2,3人のエジプト人青年の意見でしたが、私の知人の日本人は、「他人の性格を直すなんて不可能」と考える人達ばかりだったので。
Posted by かもめ at 2007年06月04日 03:15
へー、知らなかったです.
じゃあ、旅してたときはモテなかったのかな.
でも今はモテるかも.
朝のひとりごとでした.
Posted by YOJI at 2007年06月12日 08:37
半年前のエントリに、今さらコメントすみません(^^;

いやー、わかるなー。私も好きなんですよ、色白な男性が(笑)
でも、色白かつ肌がすべすべじゃないと惹かれないので、ヨーロッパ系はここでアウト。彫りが深い顔立ちは引いちゃうので、結局日本で雪国出身者とかを見ると「好みかもっ♪」と思ってしまいます。

まあ私の好みはどうでもいいんですが、色白好みは世界的な傾向かも。タイでもそうでしたよ。男も女も色白女子がいいらしく、とくに女子は色白美人を目指して頑張ってます。バンコクではお金持ちっぽい女子は日傘必携、美白化粧品は高くても飛ぶように売れていました。タイの人は基本、色は浅黒いと思うんですけどねえ。

Posted by ayano at 2007年11月08日 11:19
ayanoさん

色白でスベスベお肌・・・そうですか。
お相撲さんとか・・・(デブじゃダメなんでしょうか)。
ワタシはどっちかと言うと「浅黒系」がスキかも知れません。
彫が深い顔立ちも好きです。
でも、中東にいてもまったく心が動くことはありません。
ちょっと濃すぎるのかも。

確かに肌の白さが特に女性の美人の基準になるのって、世界的な現象かもしれないですね。
欧米でもその傾向、なくはないと思ういますし。
でも、こうしてみると、本来地肌が白くない人が主な国のほうが「白い肌」をありがたがる傾向はあるのでしょうか。
不思議ですが、そんなものかもしれません。
Posted by アリーマ at 2007年11月08日 21:23

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ