2007年04月22日

今すぐ人気ブログランキング

ナフサとナフトとネフチについて

別に語呂合わせをしているのではなく、前回の続き。

この話を調べていて、ちょっと暗くなった。
「ナフサ」というのは、日本語にもなっている、当たり前な化学用語だったのである。
「粗製石油」のことだそうで、エチレンなどの原料になる。

「ナフト」は、どうもペルシャ語起源らしい。
らしい、というのは、アラビア語の「ナフト」とどちらが先か、私では調べきれなかった
からだ。

この辺は、以下に記してあった。

絵でみる石油ビジネスのしくみ


良識ある方には「アホかオマエ!」と言われかねないが、この本は大変よくできている。
石油関係の良識および常識のある方には不要の本だが、その辺の基本知識でお悩みの
アナタにはオススメだ。

さて、話が散漫になるのだが、ロシアの石油関係の企業で「ロスネフチ」だの「トランスネフチ」だのというのがあって、「ネフチってなによ?」と思えば、これも「石油」なのだった。

そんなこんなでロシアの地図を最近眺めてみたら、我ながら実に情けない山ほどの勘違いをしていたことに気がつく。
結局のところ、自分と縁のない「異国」とはこういうものなのだろうなあ、という実感を
最近強めているのである。

とにかく、よくわからない国が出てきたら、とりあえず気持ちをニュートラルにして
地図を眺めるのが良いようだ。
単なる机上の理論でも、地図というビジュアルにかかると、驚くほどいろいろ考え込むことが起きる。
面白い!

さて、ロシア語の「ネフチ」の語源は?

よろしければ、どなたか教えてくださいまし。


今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
はじめまして、アリーマさん。

「ほんまさん」の所で、妖アリーマ軍団のバズーカ砲部隊に所属させていただいております。「みっちゃん」と申します。
今回の記事に関係なく恐縮です。わたくし 建築の図面を書いておる者ですが、時々 気になることがあります。それは、海外の方々も住宅を購入するとき35年ローンなどをくむのでしょうか?中東の方々はどうなのでしょう。彼の国の
普通の人の住宅事情についてご存知でしたら、記事にしてくださいませ。
 そうそう、購読しております「月刊 省エネルギー」には、「ネフチ」の
語源は載ってませんでした。
Posted by みっちゃん at 2007年04月24日 22:22
みっちゃんさま

結局「ナフト」はペルシャ語かアラビア語、どちらが先か?というところから先に進んでおりません。
ネフチ自体は「石油」ですし、イランあたりとは近隣ですので、多分その辺から入ってきたのだろう、と想像しています。

ローンについては、ちょっと調べてみます。
住宅事情は国によって違うと思いますが、エジプトでは「賃貸」という感覚自体がほとんどないので、原則購入しているはずで、それもローンなどは組まないような記憶がありますが・・・少々お時間ください。
Posted by アリーマ at 2007年04月24日 23:58
お忙しいところ、おバカな事を質問いたしまして、
申し訳ございませんでした。

>エジプトでは「賃貸」という感覚自体がほとんどない
ほとんど「賃貸」だけ、という国もあるようですので、
国によって全く考え方が異なるのですね。勉強になりました。

>・・少々お時間ください。
ただの好奇心ですので、お手すきのときによろしくお願いします。
全く急いでおりません。

>さて、ロシア語の「ネフチ」の語源は?
専門的な質問にも対応してくれる、図書館のリファレンスサービスは
いかがでしょうか。メールで訊けます。
http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/erefa_2.html

長々と失礼致しました。





Posted by みっちゃん (・・さん。不要です) at 2007年04月26日 13:37
お忙しいところ、おバカな事を質問いたしまして、
申し訳ございませんでした。

>エジプトでは「賃貸」という感覚自体がほとんどない
ほとんど「賃貸」だけ、という国もあるようですので、
国によって全く考え方が異なるのですね。勉強になりました。

>・・少々お時間ください。
ただの好奇心ですので、お手すきのときによろしくお願いします。
全く急いでおりません。

>さて、ロシア語の「ネフチ」の語源は?
専門的な質問にも対応してくれる、図書館のリファレンスサービスは
いかがでしょうか。メールで訊けます。
http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/erefa_2.html

長々と失礼致しました。





Posted by みっちゃん (・・さん。不要です) at 2007年04月26日 13:40
ナフサの語源(1)
某語源辞典によると、起源はペルシャ語neftまたはアラム語naphta、nephta。或いはこのペルシャ語もアラム語もギリシャ語起源の可能性ありとのことです。


Posted by かもめ at 2007年05月09日 01:07
50000アクセスおめでとうございます!
思いっきり狙っていたものの、銀座で羽目を外していた結果、はなはだ遺憾ながら50005でのタッチとなりました。
これからもぼちぼち、ゆるゆると更新をお願いいたします。
Posted by とも2 at 2007年05月09日 01:54
オンラインオックスフォード英語辞書では、ギリシャ語起源といっていました。
某百科事典では、語源情報として、「ペルシャの土地から得られる無色可燃性の液体」とペルシャに関係づけていました。
英語版ウィキでは、「はっきりしないが、naphthaは古典ギリシャ語起源で、それは古代ペルシャ語のnafata,naft、neftに遡るのであろう。それはまた、古代インド語(Vedic Hindu)の火の神Apam Napatから来ているのかもしれない」とのことです。
Posted by かもめ at 2007年05月09日 13:04
ナフサの語源(3)
辞書情報は他の辞書の丸写しもあるので、それを差し引かないといけませんが…。
言語的には音の類似性や言語間の音の対応関係を見ますが、それ以外に、交易・文化伝播も考えなければならないし、文献に書かれているのを発見しない限りは、100%はっきりしたことは言えないのが本当のところでないでしょうか。
しかし、産地、古代からあったらしいこと、古代の文化程度からすると、遊牧民であるアラブ人のアラビア語起源よりは、大帝国を築いたペルシャの起源の方が可能性が高いのでは、と個人的には思うのですが…。
Posted by かもめ at 2007年05月09日 13:05
かもめさま

色々調べていただき、ありがとうございます。
なるほど、古代インド説もペルシア語説も、説得力がありますね。
文化関係では遥かに遡ると古代インド、というケースは色々とありますし、古代ペルシアは拝火教ことゾロアスター教の国。
その辺を考えると、おそらくどちらかなのでしょう。

ありがとうございました。
勉強になりました。
Posted by アリーマ at 2007年05月09日 21:14
とも2さま

いつもコメントをありがとうございます。
諸事情で最近更新できていないのですが、ゆるゆると続けるつもりですので、よろしくオネガイシマス。
Posted by アリーマ at 2007年05月09日 21:16

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ