2006年12月17日

今すぐ人気ブログランキング

正しい和食の認定制度・・・?

農林水産省が、アメリカで「海外日本食認証制度」を始めるんだとやら。

ニュースはこちら。
livedoor ニュース


「正しい日本食」と言われても、じゃあなにをもって正しいとするのだろうか。
皆が抱く素朴な疑問だろう。

そもそも、そんなことはアメリカだから可能なのだなあ、と、カイロのころを思い出して
しみじみしてしまった。

例えば、カイロに住みはじめるまでは、
「茶色くなったマグロなど、寿司ネタとして許してはいけない」と思っていたが、
「紫色でなければ可」という妥協線が生まれたことがある。

どっちにしろ、韓国料理の数倍の料金を払って、なんだってわざわざこんなものを食べねばいけないのだろうか・・・と思うことしきりだった。
結局、お付き合いで止むを得ないとき以外は近寄らなくなったが、この数軒あった日本食レストランが全て、日本人経営のものだったのだ。

場所柄、どうしても材料が思うように手に入らない、というハンディはあったと思うが、それにしてみても韓国料理のレストランははるかに安価に、且つかなり努力の感じられるものを出していたのだから、日本食の方がなんと騒ごうと、やっぱり努力不足は明らかだった。

高くても美味しければ、それなりに存在意義はあるけれど、日本人の旅行者や在住者のホームシックに付け込んで、やけに値段ばかり高い店がどうも目立つ気がする。

これはカイロに限った話ではない。
日本帰国後に一度、夫とサイパンに出かけたとき、現地の食事のひどさに閉口してげんなりしたことがある。
世界中どこへ行っても、日本食のレストランに行こうなどとはまず思わないのだが、流石にちょっと参った。
で、日本人がこれだけ来ていることだし、せめて日本食くらいはましなのでは・・・と出かけたら、再び色の変わったマグロと遭遇。
二品で注文をストップしたことがある。
ほうほうの体で逃げてきたが、なんだかカイロを懐かしく思い出すような店だった。
ちょっとしみじみした。

結局、レストランの経営者のやる気と努力の問題なのだ、と思う。
イスタンブルなど、最近はよくわからないが、カイロにいたのと同じころに二軒、高いなりに努力している日本食のレストランは確かにあったから、そうとしか思えない。

最近のカイロ市内のレストラン・リストをみていたら、結構新旧交代したらしいので、今はどうなっているのかわからないが、今でも同じ顔ぶれが同じような店をやっていたら、結構面白いことになったことだろう。
なにしろ、某元女性大臣のご両親経営のレストランもあったりしたのだ。

まあ「ここの日本食は、日本政府のお墨付きです」程度の話ならば、馬鹿馬鹿しいけれど好きにすれば・・・とは思う。
例えば、日本のタイ料理のレストランが「この店はタイ政府お墨付き」と看板に上げるようなものだろうか。
これこそ、インド人もびっくり!なライスカレーの類に、インド政府が不満の声を上げて「これはインド料理ではない!」と断ずるような話だろうか。

こう考えると、本当に馬鹿馬鹿しい。
海外の料理を真似て、似て非なる「和風料理」を創作するのは、本来日本のお家芸だったように思うが、逆に向こうが真似して「カリフォルニアロール」なんかを喜んで食べはじめると「嘆かわしい」などと言い出す・・・度量が狭い話だ。

同じ税金を使うなら、例えば、世界各国に指導力と語学力と、きちんとした技術力のある日本人の料理人を派遣するなり、もっと広い意味での文化交流につながる活動に向けられないのか?

無理なのかなあ・・・?

おかしなニュースをきいて、なんとはなしに懐かしい話を併せて思い出した次第である。



今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50681676
この記事へのトラックバック
「寿司ポリス改め正しい和食認証制度(水産省)でニセ日本食は?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 ...
寿司ポリス改め正しい和食認証制度(水産省)でニセ日本食は?【ブログで情報収集!Blog-Headline】at 2006年12月23日 18:50
この記事へのコメント
記事を読む限りでは、和食を現地風にアレンジした「和風料理」を取り締まるのではなく、“欧米で「日本食」の看板を掲げていても、食材や調理方法など本来の日本食とかけ離れた食事を提供しているレストランには認証を与えない”という事ですよね。逆にかけ離れていなければ認証を与えるというようにも見えます。まあ、運用する段になれば認証を与えるのは限られた店になると思いますが。でも、これは悪くないと思います。私に限っての日本での事例で言えば、「メキシコ料理」と「アメリカナイズされたメキシコ料理(テクスメクスというのかな?)」の区別がつかないので、「メキシコ政府も認めた」とか「メキシコ大使館御用達」というお店があると、その店にしか行かないというのではなくて参考になると思います。そういう意味で日本の然るべき機関が海外の日本料理店にお墨付きを与えるというのは意義があると思いますよ。
Posted by 9 at 2006年12月18日 03:47
by 9さま

ご指摘、ありがとうございます。
問題になるのは、認定の基準で、そこが気になります。
確かに好意的にとらえればよいことなのですが、どうも発想のベースにそこまで突っ込んだ思考過程があったか、ちょっとすねた目でみてしまったので、疑問形になりました。

また、海外の日本食レストランというのは、クオリティーの浮き沈みも激しいので(海外や日本食に限ったことでなく、飲食店全般に言えることだと思いますが)、いったい具体的にどうするつもりなのか??と、不思議になるわけです。

漠然とした感慨だけで、舌足らずになりました。
申し訳ありません。
Posted by アリーマ at 2006年12月18日 08:48
確かに海外の日本食屋は低レベルの店が多いし、海外駐在していた時に「ワシは認めてやらない」という店にも多々遭遇してきた。そして、文化を正しく紹介し、伝えていくことは税金を使ってもやるべきだ。

しかし、「悪くはない」だけで、税金をぶち込むのは「悪」だ。「農林水産物の輸出促進…」に効果があると考えたそれなりの人がいるのだろうが、第一印象は「うさんくさい」と「あほらしい」だ。有識者が集まり散じて論じるのだろうから、多数の人が「なるほど」と思える案が出てくるのを期待しよう。

「ミシュラン」も「恨みしゅらん」も「みどりの丼」もあった方が面白いが、和食委認証制度なんてものは税金を使ってまでやることなのか!この発案が「海外出張した時に外さない日本料理屋の見つけ方をうまく考えてよ」からスタートしたのではありませんように…。 
Posted by とも2 at 2006年12月23日 15:32
とも2さま

海外の日本食屋は、接待用高級店(まあ一応許せる日本食が、たまげるような値段ででてくる)か、そうでなければ日本人のホームシックにつけこんだ高いだけのどうしようもない店か、という印象です。
日本食フェアなどは、私の知る限りでは現地のチェーン系高級ホテルがイベントとして開催するものが主体です。映画、音楽、絵画、伝統芸能といったものに比べると、日本の食文化を正しく伝えるような取り組みは、政府主導ではあまり行われていないようです。誰をどういう形でどこに送り込むか・・・という、方法論の段階で、公平性を欠かざるをえないので難しいのかもしれませんが。「有識者の方々」が、税金の無駄遣いでないような認定制度を考えてくださることを切に祈ります・・・。
Posted by アリーマ at 2006年12月23日 22:42
キミも更新しとらんやないカー(´д`)
オレ、きょう、したで(´д`)
宣伝を兼ねてやってきますた(´д`)(´д`)(´д`)〜
Posted by イ・ヌワン at 2007年02月13日 16:39
はいはい・・・。
Posted by アリーマ at 2007年02月13日 23:01

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ