2006年09月06日

今すぐ人気ブログランキング

猫らの近況 ヒメちゃんの憂鬱

ここのところ、食べものやら日常の四方山話やらが、なんとなく「子ブログ」に引っ越してしまった。
花は、海外の読者の方のため、ということでこちらに残してあるが、他になかったっけ、と思ったら、久しく忘れていた「我が家の猫話」があった。

連中は、イスタンブル生まれのカイロ育ちだから「中東系のトピック」に、無理やりこじつけている(いわゆる「帰国子女」というやつで・・・)。
今後もそうしようと思う。

長男タケゾウは、長い旅にでてしまった。
音沙汰なしだ。
きっと元気にやっているのだと思う。

ハナちゃんは、年末に別のお医者さんにかかりはじめてから、随分元気になった。
6年ほど前に交通事故で右顔面を車に強打されて、右目がほとんど潰れたような状態になっていたのだが、最近自宅近くに開院した獣医さんに診てもらったら、少しはよくなる可能性アリ、という診立てだった。

「でも、一日五回目薬をささなきゃいけないのです。まあ、ご主人と二人なら何とかなるでしょうが・・・」
「まあ、やってみます」

と、いうことで、最初は阿鼻叫喚の騒ぎになっていたが、なんと私は「猫の目薬さし」を結局のところ習得してしまったのである。

前のお医者さんは「素人さんに目薬は無理です」とキッパリ断言していたし、今の先生も
「え?! 一人でやってるんですか??!!」と驚いていたから、特殊技術なのだと思う。
履歴書に「猫の目薬さし」と明記できるくらい、この特技が市民権を得てくれないものだろうか。

右目は全快こそしなかったが、かなり視力が戻って、随分元気になった。
前のお医者さんもいい先生だったが、人間同様にセカンド・オピニオンは重要だ、
と痛感した次第。

himeさて、なんだか柄にもなくアンニュイなヒメちゃん。
「アルカイダの特攻隊」「極道の姐猫」などと、基本的にケンカ馬鹿一代な強気キャラクターなのに、なんでこういうことになっているのかと言うと・・・

彼女はこの日、生まれて初めて「病院で採血」という経験をしたのである。
予防注射くらいならともかく、採血ともなるとある程度の時間じっとしていてもらわなければならない。

猫にしてはまあ高齢な13歳になったので、一度くらい健康診断をしてもいいか、と、予防注射かたがた採血してもらったのだ。

ハナちゃんは3.5キロと並の体格だが、ヒメのほうは5.5キロ(これでも少し、ダイエットさせて痩せた)と雌離れしていて、力も強ければ戦闘能力も高い。
それの採血ということで、先生に助手の方と私の三人で抑えにかかったら、突然パニックを起こしてオシッコをもらしたあげく、ケージに駆け戻って「いやっ!オウチに帰るっ!!」と騒ぎまくるヒメちゃん・・・豪傑なコだと思っていたら、案外怖がりだったのか・・・知らなかったな。

そう、うっかりしていたが、ヒメちゃんは病院に慣れていない。
三週間入院して、以来しげしげ病院通いをしているものだから、診療台の上で大の字でリラックスできるハナとはワケが違う。
ケンカは界隈で一番強いから怪我とは無縁だし、病気ひとつしたことがない。
故に、あっち向いてホイで猫だまし状態の予防注射以外の経験はしたことがない。

結局、てんやわんやの末に無事採血できたのだが、なにしろオシッコもらして泣き喚いた醜態を、いつも小馬鹿にしているハナちゃんに、ケージ越しとはいえ一部始終見られてしまったのはまずかった。

姐さんの権威、大失墜である。
普段は先に食べるご飯も、フンという顔で先にハナちゃんに食べられてしまうし、自分でも相当恥ずかしいことをやった自覚があるようなのだ。

そういうわけで、ヒメちゃんはちょっとアンニュイ。
そこを思いっきり馬鹿にするハナちゃんも、案外ヒトが悪いコ(?)だなあ、
とは思うのだけれども、とりあえず目下はハナちゃんの三日天下中である。

猫の面子も、人間並みに色々あるものだ。

ところで、ヒメちゃんときたら、その晩、ワタシのベッドのど真ん中に「仕返しオシッコ」をしてくれた。
まったくもう・・・。

健康診断の結果を聞きに行くのに、同伴しないで飼い主だけでよいのはありがたい。

ところで、彼の地の猫らは、相対に足長め、顔小さめでスタイルがよい。
オスも体格骨格がかなりがっちりしている。
でも、トルコの場合「アジア系の血」が強いのもいて、ハナちゃんは標準的な日本の猫となんら変わらない。
お医者さんは「なんか、トルコ生まれなのに、日本猫と何にも変わりませんねえ」
と、なんだか不満そうだ・・・。

尚、同行した夫いわく「キミの狂犬病の予防注射は?」
「ついでにアナタの健康診断もお願いしたけれど『巨大動物』は扱ってないんですってっ!」

・・・不毛な会話である・・・。




今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50592797
この記事へのトラックバック
TB失礼します。猫も日本で飼われているペットの中ではとても人気が高くてこれから飼いたいと思っている人も多いでしょう。これから猫を飼ってみようかなという人たちのために猫(ネコ)の飼えう前に知っておいたほうがよい知識をまとめました。 他には・・・
猫の飼い方の基本は【猫の飼い方の基本は】at 2006年09月08日 07:21

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ