2006年08月26日

今すぐ人気ブログランキング

露草

露草夏も盛りになると、花が一気に少なくなるが、朝型から昼頃までは露草が咲いている。

「蛍草」「藍花」「青花」「移草」「月草」などなど、色々な名で呼ばれるが、「青い色がつきやすいが褪せやすい」ということで、古来「儚さ」を思わせる花だ。

儚げな姿とは対照的に、実にどこにでもよく根を張って咲く。
女性のタイプとしては、好みがわかれるところなのだろうか?

さて、一転して英語名はと言えば"Wandering Jew"ときた。
さまよえるユダヤ人?
はてさて・・・。

花を見る心の、彼我の相違を感じてしまう。

露、といえば、露草とは関係ないけれど、思い出されるのは『伊勢物語』の一首。

「白玉かなにぞと人の問ひし時 露とこたへて消えなましものを」

とある恋仲のお姫さまを浚って逃げた男。
途中、このお姫さまが、朝まだきの露をみて「これはなあに?」と問いかけたけれど、返事もせずに逃げるのに必死。
一夜、仮の塒に恋人を寝せて、自分は入り口で番をしていたつもりが、ふと気づけば姫は鬼に喰われてしまっていた・・・というお話。

あの時「あれは露だよ」といって私も消えてしまいたかった、とうたっているのですが、実の所は、お姫様は家族に連れ戻されてしまって、ご本人とされる在原業平が嘆き節を一首、というのが本当のところだそうな。

まつわるエピソードも、かなりしぶといものではありますね。







今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50584808

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ