2006年08月22日

今すぐ人気ブログランキング

カルツームのファーストフード店

私設特派員、この日のお昼ご飯は「高級ファーストフード」です。

カルツーム ファーストフード店3メニューは、サンドイッチ中心。
結構色々な姿の人がいます。
洋装の人は、長袖が目立ちます。
白いターバンに白いガラベイヤは現地に特有のもの。

椅子やテーブルの様子など見ると、確かにちょっといいお店のようです。



カルツーム ファーストフード店2女性は別席、という国も多い中、ここは同席可のようです。

衣服はカイロとあまり変わらないように思えます。
若干アフリカ風なイメージですが。

こちらと比べてみてください(カイロの高級住宅街です)。


カルツーム ファーストフード店添えられている青い野菜は、エジプトで「ガルギール」といわれるもの。
日本ではイタリアンなどでよく出てくる、ルッコラの香りをもっと強烈にしたような野菜。
栄養満点ですが、イタリアのものよりもちょっとくせがあります。


本当は、こういうローカルな店で生野菜の生食はお勧めできません。
本人は「懐かしい味だった」と喜んでいましたが、よいこの皆さんは真似をしないで下さい。

サンドイッチ二種。
手前は現地のチーズを挟んだもの。
奥ははっきりわかりませんが、カイロで良く食べる「ターメイヤ」のような、豆のコロッケかな?、と思います。

「食事はホテルでして下さいね」というワタシのアドバイスは、キレイさっぱり忘れ去られているようですが、六月の炎天下を過ごして元気で帰ってきています。

人類にも色々な種類があります。
だれがやっても大丈夫、ということではないと思いますので、現地に行かれる方は
お気をつけ下さい。



今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50581013

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ