2006年08月18日

今すぐ人気ブログランキング

四谷『エル・サラーヤ』でエジプト料理

四季の移り変わりを感じにくいエジプトで、やはり夏の風物詩といえば「モロヘイヤ」だろう。
厳密にいえば「初夏から夏の初め」くらいがピークで、後は硬くなってしまうのだが、八百屋や町の露天売りにモロヘイヤが出始めると暑くなり、あれ、見かけないなと思うとなんだか涼しくなっている。

レシピは先日もご紹介したが、各家庭、各レストランで色々だ。

東京は四谷に、エジプト料理の専門店が一年ほど前にオープンした。
前から一度いってみようと思っていたので、モロヘイヤ食べたさに横浜からオデカケ。

詳しくは以下をご参照くださいまし。

http://honyarara.livedoor.biz/archives/50643901.html

ところで、現地エジプトで「モロヘイヤが食べたい!」となっても、意外に出している店が少ない。
シシカバブのような、特殊な設備がいるものは別として、エジプト人は基本的にあまり外食しないからだ。

モロヘイヤの料理となると、これは完全に家庭料理の範疇で、現地のエジプト人は
「家で食べるもの」と思っている。
うちのカアサンの作るやつが一番ウマイのに、なんだって外で高い金を出して食べねばならんのだ、ということだ。

だから、外国人がこれにありつくには、先日ご紹介したカイロはダウンタウンの
アラベスク』とか、一部高級ホテルのアラカルトメニューに限られてくる。
そうでなければ、エジプト人の家庭に招かれるしかない。

(尚、その他レストランで出しているところがあったら、ご一報を!
私の情報は何しろ古いので)。

さて、そして、こういうと申し訳ないが、やっぱり家庭が一番なのではある。
その代わり、とにかく大量に出すのが彼の地のホスピタリティーであり、出されたものを山ほど食べるのが答礼になるので、美味いは美味いが「わんこモロヘイヤ状態」を覚悟の上で臨まれたし・・・。

エジプトの家庭料理は、レバノンやトルコと比較すると繊細さや微妙な味わいなどでは落ちるものの、やっぱり「おふくろの味」の和やかさはよいものだ。

また、クセが薄いので、日本人には食べやすい料理が多い。
さんざん馬鹿にしてきたくせに、やはりときたま無性に、あの素朴さが懐かしくなる。

懐かしさと美味美食は、やはり違うところにあるのかなあ、とこの頃思う。


今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50577155
この記事へのコメント
モロヘイヤスープ美味しいですよね。
カイロではフィルフィラレストラン(チェーン店で至る所に店があります)で食べられますよ。
美味しかったです。
Posted by みいみい at 2006年08月19日 15:01
みいみいサン

情報ありがとうございます!
昔は出してなかったのですが、どんな感じのモロヘイヤが出てるのでしょうね??
是非教えて下さい。
Posted by アリーマ at 2006年08月20日 00:44
私が食べたやつは小さなお椀(高さ・横とも10cmほど)で、何か季節が違うからか冷凍のモノを使っているような味でした。パウダーではなかった気がします。薄味でしたが、美味しかったですよ。
Posted by みいみい at 2006年08月20日 14:09
みいみいサン

そうですか。
やっぱり、エジプトに来たならモロヘイヤ・スープ、という需要があるのでしょうね。フェルフェラでもモロヘイヤアリ、という情報、覚えておきます。

貴重な情報、ありがとうございました。
Posted by アリーマ at 2006年08月20日 20:12

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ