2006年06月30日

今すぐ人気ブログランキング

カイロの夏の過ごし方 【第60話】前編

◆ 第60話 カイロの夏の過ごし方


●カイロの夏は40度を超える、が・・・!

去年もちょっと「カイロの夏」のお話は出した。
http://arima.livedoor.biz/archives/29066522.html

そう、今頃のカイロときたら、30度など軽く飛ばして、みるみるうちに日中は
40度をこえる。
こうなると「暑い」というよりも「熱い」。

これを聞いただけで「夏のエジプトなど金輪際行くものか!」と反射的に思う
ことだろうが、私の個人的な感覚で「夏のカイロと東京、どちらか選べ!」
と言われたら、迷わず「カイロ!!」である。

たまたま触れてきたことではあるが、エジプトというのは湿気がないので、
40度であれば感覚は東京の30度くらい。
暑いことは暑いが、日陰か室内にさえいればよいことで、しかも陽が落ちれば
涼しい風が吹く。

また、カイロでは公式に40度は滅多と越えない。
実は、40度を越えたら「勤労者は家に帰ってよい」という規定があるとやらで、
政府の公式発表はたいてい39度止まりだ。
うそつけ!と言いたくなる日は結構あるが、まあそういうことになっている。

確かに40度を越えた中で外にいるのは辛い。
しかし、35度くらいなら快適なものだ。

だから、早朝や日没は意外に過ごしやすい。
そう思うのは私だけではないようで、カイロ日本人会がアンケートをとったら
「東京よりもカイロが過ごしやすい」と答えた人が圧倒的に多かった。

ツアーも夏場は、どうしても日中炎天下の行動はある程度避けられないものの、
出来るだけ早朝に観光を持ってくれば、案外耐えられる。

しかも、完全なオフシーズンだから、冬場は大混雑の各有名史跡などは
空いていてゆっくり見学できる。
ちゃんとしたホテルはプール装備なので、朝観光したあとは、のんびりと
プールサイドで寛ぐ、などということも可能。
案外ツアーシーズンとしても捨てたものではない、と私は思っている。


●カイロで「避暑」をする人々

でもだからといって、中東がどこもそのように快適だ、というわけではない。
それを証拠に、夏場になると、サウジアラビアやクウェートなど湾岸方面から、
一斉に長期滞在客が押し寄せてくる。

目的は「避暑」だ。

参考までに、本日6月22日の各地の気温と湿度を・・・(Yahoo! Weatherより)

    日中平均 最高気温 最低気温  湿度
東京   25度   27度   22度    78%
カイロ  35度 35度   25度   34%
リアド   44度  43度   31度    8%
ドバイ  36度   32度   25度   67%

今日のカイロはちょっと湿度が高そうだが、まあでもこのくらいならば、
体感気温を10度引いたような状態を考えれば爽やかなものだ。

しかし・・・ナンボ湿気が辛いとは言ったって、カラッカラの低温オーブン
みたいなところは、やっぱり遠慮したい・・・嗚呼、リアド。

そしてドバイ・・・今は行きたくない。以上。

尚、日中平均のほうが最高気温のほうが高いのは、単に不思議だが、
これはYahooのデータである。念のため。

だから、湾岸諸国の住民にとって、カイロとは実に過ごしやすい街なのだ。
アラビア語も通じる。
だから、夏のカイロの高級ホテルは意外に混んでいる。
遺跡は空いているにせよ。

(後編に続く)

(6月22日配信)





今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50527271
この記事へのコメント
私も知り合い(湾岸人)も、去年の夏はエジプトに1ヶ月くらい避暑に行ってました。
私からしたら、避暑?エジプトも暑いじゃん!って思っちゃうのですが…。
Posted by SuuSuu at 2006年06月30日 09:35
8年ほど前仕事で2週間ほどリヤドにいましたが、湿度のせいかエレベータのボタンを押すと、バチーと静電気がはしり恐怖でした。職場は男ばかり、食堂も家族連れと男だけでは入口も違い「男女7歳にして席を同じうせず」が実践されていました。ストイックな世界で約10日、ショッピングセンターでスカーフをまちこ巻きにした東洋系の女性とすれ違いました。その瞬間、男の欲望が噴出しそうになり、大変な思いをしました。帰りはコーズウェー(サウジ人が酒を飲む為バーレーン迄海上道路を作ったのです)でバーレーンに入り、体質的に酒の飲めない私が、フィリピンパブに出かけ、ビールを2杯のみ、勢いでダンサーと握手までしてしまいました。バーレーンから帰国しましたが、飛行機が飛び立つと、鴉天狗の嬢さんがトイレでジーパンに着替え出てきました、鼻筋の通った美人でした。サウジの女性も国を出ると開放されるのでしょうね。
Posted by PAGI at 2006年06月30日 09:48
>SuuSuuさん
いんや、関東近郊と比べても、カイロのほうが過ごしやすい!
ワタシもカイロに「避暑」に行きたいです。
湿気に弱いので・・・嗚呼!

>PAGIさん
そう、わたしの昔の上司(イギリス人)も、カイロに転任してきて「フロントにオンナノコがいる!」と感激したそうです。
で、そういう環境で女性見ると、誰でも美人に見えるそうです。

そうそう、人によっては、あの黒い衣装の下は肌の露出した姿で、飛行機に乗ったとたん脱ぎ捨てて周りの外国人がぎょっとする、という話は聞いたことがあります。まあ、何事も表と裏があるものですよね・・・。
Posted by アリーマ at 2006年07月01日 19:48

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ