2006年06月26日

今すぐ人気ブログランキング

カイロ住宅事情 其の二 〜住居探しと大家の弱み〜 【第59話】(後編)

前編につづく)

●大家との駆け引き

さて、じゃあここにするか、ということになると、諸々の駆け引きが始まる。
カイロで外国人がシャッアを借りる場合、家具付きが普通なので、一通り
家の中をチェックしてから、アレがない、コレをつけて欲しい、という交渉が
始まる。

安いところの場合は「洗濯機が欲しい」「テレビはないのか」
「食器が」「鍋が」「鏡をひとつ」「扇風機が欲しい」などという話になり、
大家が「おお、家に余っているのを持ってきてやる」と、時にはしょうもない
ものを持って現れて、ああだのこうだの・・・となる。

高級なところでは、もう胸を張ってガンガン家具の追加を要求してよろしい。
「大型冷凍庫」「衛星放送アンテナ」「食器洗い機」「ビデオ」・・・と、
果てしない物欲を大家にぶつけるのである(結構楽しい)。
とにかく、いってみたらすんなり買ってくれたりするので、黙ってないで
口に出すのが肝心。

肝心の家賃についても、もちろん要交渉。
この場合、一人のときより夫婦のほうが交渉が有利に運ぶ。
いや、夫婦、と一般化したが、我が家の場合である。

とりあえずどちらかが、ボディーブローを細かく入れて下交渉を済ませ、
次に二人で出向いて、もう一人が右ストレートを炸裂させる、というパターン。
時には、日本語で夫婦喧嘩のアトラクション入りであったりする。
ケンカのふりをして、次の展開を打ち合わせているから悪質なコンビだ。

大家はいきなり怒り出す夫(乃至は妻)に驚きあわて「まあまあまあ・・・」
と仲裁に入ろうとする。
エジプト人というのは、基本的に気は荒くないので、大きな声で言い争う光景
を見ると、つい仲裁に入りたくなるらしい。


●契約終了時の駆け引き

さて、そして住み始める。
安いところでデポジット一ヶ月、高いと二ヶ月支払って、これは当然
「家具などの損傷分を差し引いて、出るとき返してもらえるもの」という前提、
ではある。一応は。

でも、ナンノカンノと難癖をつけて、ほとんど返してくれないのが普通だ。
ここで再び、ボディーブロー&右ストレート攻撃に移るのだが、
この場合もうすでに「この夫婦は日本人のくせに、やたらと交渉が強気だ」と
刷り込みが出来上がっているので、大家との関係が良好でない場合は往々にして
難航する。

ところで、実はこういうシャッアを持っているパターンは色々なのだ。
なんでも、ナセルの革命後くらいからある古い住宅についてはびっくりする程
安く借りられた時代があったらしい。
これは「自分か家族が居住する」のが建前なのだが、それなりにいい物件を安く
握っている大家は、住まずにナイーブな外国人(特に日本人は好まれる)に
貸して、収入にしよう、ということになる。
本来は違反なのだが、なんとなく大目に見られているところがあるが、
何かの弾みで「元々の貸主」に「又貸し」が発覚して、すぐに出て行け!と
理不尽なことを言い出す害虫のような家主もいた。

もちろん、自己所有のシャッアを公正に貸し出している大家もいる。

その辺り、やましいところがあっても無くても、たいてい「表の契約書」の
家賃を十分の一位にしてサインしてくれ、と大家がいいだすことがよくある。

何のためかといえば、実は税金対策なのである。

この場合、その代わり毎月の家賃には領収書を発行すること、という一項を
契約書に入れさせておく。
で、払った額面どおりの領収書を、しっかり保管しておくとよろしい。

契約終了時、これは結構威力を発揮する。
ナンダカンダとごね始めた時の、黄金の必殺右カウンターストレートを一発。

「それならかまわないけど、契約書とアナタのサインした領収書を税務署に
出すからね。いいんだね」

彼らの天敵は税務署なのだ。
エジプトの税務署、この類の副収入には結構厳しいらしい。
たいてい、ゴタゴタウダウダがぴたりと止まって、それなりにリーズナブルな
妥協線が成立する。

まあ、そんな調子で、カイロの生活はナンノカンノと交渉がついてまわる。
別に声を荒らげて争う必要は無いが、あきらめずにとにかく粘ること、
相手のいうなりにハイハイと契約などを進めないことなど、家探しに限らず
大切なことである。

結構つかれるのではあるけれど「人間的成長」の場に・・・
なっているのだろうか?

(6月23日配信)




今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50520467

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ