2006年06月23日

今すぐ人気ブログランキング

金子貴一氏の新刊

朋友にしてジャーナリストの金子貴一氏が共著で本を出した。
昨年一年、相当な時間と労力をかけた一冊だということだ。

http://diary.jp.aol.com/v8puyc3tkc/34.html

彼は執筆者の一人で、全体の五分の一を執筆している。


『世界の宗教 知れば知るほど』
実業之日本社(刊)

無茶な本だが、よくぞまとめた、と敬意を表したい。
世界三大宗教のキリスト教、イスラム教、仏教はもちろん、ヒンドゥー教、
儒教に道教、神道、ゾロアスター教・・・と、268ページの本に概略概要、
そして現代における状況が、コンパクトかつ図表など多用してわかりやすく
まとめられている。

特にイスラム教に関しては、金子氏で無ければ書けない「現状」のレポートも
あり、読み応えがある。
四半世紀、イスラーム世界ときっちり対峙し、最近ではアフガニスタンにも
イラクにも、フリーのジャーナリストとして取材に赴いた、この彼だからこそ
これが書ける、という部分もある。

巻末にしっかりした索引がつき、各ページの下には「一口メモ」として様々な
短い関連情報も添えられている。

事典の類ではないので、あくまで概要概観ではあるが、これだけの多くの宗教の
基礎情報を一冊の本でまとめてみると、突っ込んだ専門書とはまた違う視点で
宗教を見られる。

中身はみっちりつまっているから、1400円は実にオトクだと思う。
是非一冊どうぞ。

尚、金子氏は新潮社の『本の話』という冊子に『秘境添乗員』という
楽しいエッセイも連載中。本屋さんの店頭などで見かけたら、覗いてみて下さ
い。



今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50520016
この記事へのコメント
 掲載ありがとうございます!

 3箇所だけ、訂正させて頂いても宜しいでしょうか?

 1.「世界の宗教」は、今年に入ってから書き出し、4月まで執筆に没頭していました。

 2.実際の執筆者は二名で、実質、1/4を書いています。

 3.『本の話』は、文藝春秋社刊です。

 以上、宜しくお願い致します!
Posted by 金子貴一 at 2006年06月23日 03:55
金子先生(!)

すまぬすまぬ。
訂正記事上げたから・・・。

Posted by アリーマ at 2006年06月23日 15:52

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ