2006年05月15日

今すぐ人気ブログランキング

イスラーム関連の用語について

一年以上ぐしゃぐしゃいろいろ書いておいて、いまさらという気もするが、
用語については実は場に合わせて適当に書いている。
ただ、ある程度の基準はあるので、ここで釈明と説明を。

このあたりの用語は、日本にどの程度なじみがあるかで、使い分けが難しい。
たとえば「イスラム教」は単に「イスラーム」というべきだし、そうなると
「イスラム教徒」という語彙も、実は正しくない、と言うことになる。

「イスラム教徒」は、本来は男性が「ムスリム」で女性が「ムスリマ」だ。
ただ、そう書いていちいち注釈をつけるのもメンドウクサイ、ということで
「イスラム教徒」に統一している。

「イスラム教」か「イスラーム」かは、文脈と話の内容でしっくりくるほうを
気分で選んでいる。ほめられたことではないと思うが、便宜上そうしている。

「コーラン」も、本来は「クルアーン」だ。
でも、これは日本語として定着しているし、実際に日本で出版されている本も
『コーラン』としているから、これは「コーラン」。

ちょっとややこしくて、自分でも完全に気分で書き分けているのは、
「ムハンマド」である。
「預言者ムハンマド」という場合、これは定型にしているのだが、
実はこの「ムハンマド」は文語で、エジプト方言では「モハメッド」なのだ。
だから、友達の名前やら、というときは「モハメッド」になってしまう。

預言者ムハンマドに因んだ名前が、トルコでは「メフメット」になるのだから
エジプトで「モハメッド」になってもまあいいだろう、という、非常に安直な
理由をこじつけている。

ちなみに「マホメット」という呼び方が過去にあったが、これは使わない。
トルコ経由でイスラームがヨーロッパに伝えられた時に、トルコ語の
メフメットが変形したもので、最近は日本でも「間違い」と認識されている。

この辺は言い出すときりがないのだが、自分なりに一応試行錯誤はしている。
ただ、なにか気になるところがあれば是非ご指摘いただきたいと思う。


今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL


中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ