2006年03月07日

今すぐ人気ブログランキング

横浜『鼎泰豊』

さて、28日火曜日。
今日は一周年記年号だ!と気合を入れていた午前中、突然「小籠包」が食べたくなった。
何の脈絡もないが、中華街まで行くのも面倒なので、横浜高島屋にある『鼎泰豊(ディンタイファン)』なる有名店に行くことにした。

結論から言うと、話にならないほどまずかった。
一応冷凍品を蒸したりはしていないので、皮はしっかりしているが、中身が生ぬるくて汁気が薄いのである。ついでに注文した青菜炒めは、火が通りきっていない上に過剰に塩辛い。
小籠包の味付けも、やはり甘味と塩気が強すぎる。
台湾料理というのは、どこで食べても味がくどい気がしてならないのだが、ここもその類。

まあ、そもそもこういうデパートや駅ビルの類に出店する飲食店で、当たり率が限りなく低いのは自分でもわかっているから、特に腹もたたない。
そりゃあ、テナント料が高くて、一見客の多い場所で、しかも放っておいても集客に困らない場所だ。
味と内容から真剣味が引かれて、テナント料が上乗せされるのは、自然の成り行きということだろう。

でもそういえば、台湾料理については台北に出張した当家特派員も、同じことを言っていた。
現地のかなりいい店に連れて行ってもらっているのだが、なんだかどうも「口がぐったりくる感じ」がするんで、黒服に「ここの隠し味は何かあるのかな?」ときいたらば、胸をはって『味の素』を恭しく見せてくれたそうだ。

だから、そうではない台湾料理のお店を、どなたかぜひ教えてください。

尚、不味い小籠包を食べながら「デンマーク、デンマーク・・・」と呪文のように思い続けた私。
帰り道、おやつに「デニッシュ」を衝動買い、ついでにアクアビットを買い込んでしまったのではありました。

それにしても、日本の高級菓子パンの中から、歴然とした「デニッシュ」が消えていたのには驚いた。
ドイツ風のブレッツェルの横に、パン・オ・ショコラが置いてあり、デニッシュがあったと思ったら「あんダニッシュ」だ。さらに視線を飛ばせば、おなじみの「カレーパン」「メロンパン」が並ぶ。

日本人の食に対する柔軟性は世界一だ。
すごいなあ、と妙に感心しながら、ぐるぐる巻いたのにレーズンを混ぜて砂糖がけした「記憶にある限り一番デニッシュなデニッシュ」を一個買った。
単に「レーズン・ロール」とか書いてあったんだけれども。


今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50384605
この記事へのトラックバック
新錦江最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街料理:四川料理採点:★★★★★一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円用途:夕食 小籠包ならば、絶対にお勧めできる。 しっかりした皮がプリプリ。下から軽く噛むとしつこくない肉汁がプチュゥゥ。 必ず口....
新錦江【横浜ほにゃらら日記】at 2006年03月10日 04:53
鼎泰豐最寄駅:横浜料理:飲茶・点心 / 中華料理一般採点:★☆☆☆☆一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円用途:昼食 ランチでいった。20分まち。 まず頼んだ青菜のいため、650円也は、ちんまりと小皿に盛られている。 口にしてたまげる。塩辛い!! こ....
鼎泰豐 横浜店【横浜ほにゃらら日記】at 2006年03月10日 14:10

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ