2005年10月12日

今すぐ人気ブログランキング

ペンギンの本


『風の国・ペンギンの島―A trip to Falkland is.,South Georgia and Antarctica』

たった一冊の拙著の出版社、最近とても素敵な本を出した。
ペンギンの写真集だ。
フォークランド島はじめとした各地に取材して、こつこつと取材撮影したもの。
水口博也さんの手になる写真、本当に生き生きと美しい。
日本ではまず見られないフォークランド島などの風景も面白い。
写真だけでもお値打ちだけど、水口氏のエッセイがこれまた楽しいのだ。
夢中になってペンギンの群れを撮っていて、気がついたら「子ペンギン」に周りをびっしり取り囲まれて驚いた・・・なんていうエピソードはじめ、独特でかつ真剣な空気感がいい味を出している。

ペンギン好きにはたまりません。


今日もよろしく、ぽちっとワンクリック!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arimaburabura/50121426
この記事へのトラックバック
ペンギンが好きだ。 動物園に行けばもう釘付けで動けなくなる。 「生ペンギン」見たさに、南アフリカまでゴクローしたこともある(ウソばっかり言ってるけど、これはマジなのだ)。 喜望峰のそばのボルダーズ・ビーチというところ。 そこで転げまわって悔やんだのは「水....
ペンギンの本【横浜ほにゃらら日記】at 2006年04月03日 19:01
海のグラフィック誌「スフィア」・イルカが無主物、捕まえた人のものという考え方が日本にはある。しかし、イルカも空気も人類の共用財であり、水産資源は漁...
●海のグラフィック誌「スフィア」より【イルカからのメッセージ】at 2007年04月12日 08:29

中東ぶらぶら回想記は、無料メルマガ『軍事情報』別冊でなんちゃって週刊連載中!
登録は今すぐ↓
Powerd by まぐまぐ