2008年02月27日

パンとサラダ 〜ヨルダン料理 其のニ〜

ホブズ2ホブズ





オットの食べたヨルダン料理の続き
写真はアラブ圏一帯で食べる、平たいパン。
エジプト方言ではパンを「アエーシュ」と呼ぶのだが、フスハでは「ホブス」で、ヨルダンなど湾岸方面でもやはり「ホブス」と呼ぶ。

昔ヨルダンを旅行したとき「アエーシュおくれ」と言ったら、横にいたウェイターがぶっと笑ったことがある。

「どうもエジプト長そうだけど、その方言でしゃべるときっとみんな笑うぞ。俺はわかるけどね。エジプトからの出稼ぎだから」

で、アエーシュではない、ホブスと言え・・・とご指南いただいたのだった。
そうか、話には聞いていたけどそんなに違うものか、と驚いたのを覚えている。

話がずれるが、アラビア語のエジプト方言というものは非情に独特で、アクセントも発音も語彙も他の方言とはずいぶん違う。
エジプト人の「のんきぐうたらまぬけキャラ」も併せて広く知れ渡っている。
なぜ知れ渡っているかと言うと、エジプトで製作されたテレビドラマや劇映画がアラビア語圏全域で広く愛好されていた時代があったからだ。
たいていはいわゆる「のんきぐうたらまぬけキャラ」のエジプト人が主人公のコメディーで、要するにお笑い番組だ。
発音アクセントの妙なアクの強さもあって、吉本興業が大阪弁を全国区に押し上げたが如く、いやもっと壮大なスケール(?)でエジプト弁は特殊ながらも結構通じるアラビア語方言になった。

そんなわけでエジプト弁は、どこのアラブ圏の人間相手でも意思の疎通が出来て便利な方言ではある。でも弊害はあって、結局「お笑い系」であるが故に、私のような外国人のそれも女性(しかも当時はまだ若かった)がうっかりしゃべると、相手が話も聞かずにゲラゲラ笑い出したりするので、マジメな用事があるときはちょっと鬱陶しいところもなくはない。

まあこの程度なら実害はないのだが、湾岸諸国などの相手によってはエジプト弁をひどく見下す傾向があるようで、公式の会談や重要な商談などではむしろ避けたほうがよい、という話も聞いたことがある。

私はどっちみちそんなレベルには程遠いので、道行く人にバカウケするのが関の山なのではあったが。

エジプト弁については、こちらも合わせてご参照を。

さて、大幅に話が脱線したが、こういう平たいアラブ式のパンも焼き方や小麦粉の種類などで種類はいろいろとある。
上の写真のどっちがどうというところまではわからないのだが、まあ違うタイプがあるんですよ、ということでご参考までに。

こういうパンの役割は「食べる」以外にもある。
実はフォークとナイフの代わりにもなる。
特に前菜はペースト状のものが多いので、ちぎったパンでひたすら拭って食べるものだ。

前菜いろいろについては、こんな記事もあるのでご参照を。

だから、アラブ圏外で中東料理のレストランに行って、パンがすぐに出てこなかったり有料だったりすると、妙に寂しくなってしまう。
和食を食べるのに箸がないような気分、と言ったら言いすぎだろうか?

タッブーリサラダ





そんなわけで、野菜サラダも細かく刻んだものが多い。
パンでつかみやすいスタイルになっているのだ。
タッブーリ(左)はパセリのみじん切りが主体。ドレッシングで和えてある。
これに地方や家庭によって、穀類を混ぜたりタマネギのみじん切りが入ったり、或いはそのままだったりとパターンはさまざまだが、これだけはアラブ圏どこにでもある。
右は普通のサラダ。
トマトやキュウリやタマネギ、ピーマンなんかを細かく刻んでドレッシングで和えたもの。

ドレッシングは、たいていがオリーブ・オイルと塩胡椒に酢で、これにニンニクが結構しっかり効いたものになる。

(つづく)

ひとり歩きのアラビア語自遊自在 会話集

エジプト方言とフスハが主体だけれど、アラビア語の各方言も出ている珍しい本。
実用性はともかく参考にはなります。  

Posted by arimaburabura at 12:29Comments(8)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2008年02月13日

マンサフ! 嗚呼、マンサフ!! 〜ヨルダン料理 其の一〜

ヨルダンには二回行った。
一度は友人と、二度目は一人で。
どちらも旅行だ。

当時はまだ20代後半で、カイロから紅海沿いのヌエバに出て、そこからフェリーでヨルダンはアカバに渡ったのだった。

当時はまだ経済的に恵まれた旅行でもなかったし、現地に知己がいたわけでもないので、なんとなくぶらぶらしただけで終わった。

食べるものも、高級店など行きようがない。
でも、案外エジプトより料理は美味しいかもしれないなあ・・・と思ったのを覚えている。

さて、最近ヨルダンに仕事で出かけた夫が懐かしい写真を送ってくれた。
その中で、一番ワタシの唾液腺を刺激したのが「マンサフ」という料理。

マンサフマンサフのソース






焼いた羊肉と長米という組み合わせは、中東圏ではよくあるものだ。
ヨルダンではこの上に、ヨーグルトとチーズで作った温かいソースをかける。
本式には山羊の乳から作るものらしい。
私が覚えている限りでも、なんだかシェーブル・チーズのような香りのする料理だった。
注文すると「本当に大丈夫なのか」「これは変わった味がするんだぞ」と
必ずお店の人がひとこと言いに来てくれたっけ。

でも、夫の取引先が言うところでは「水牛の乳から作ったもの」だそうだ。

湾岸全体で「マンサフ」というと、羊を一頭潰して作るような宴会料理になるらしい。近所のレバノン料理店のシェフが「マンサフならば10人集まらないと」と言っていたことがあったから、このマンサフとはどうもイメージが違うらしい。

ラバンこちらは「ラバン」だ。
「ラバン」といえばエジプト方言では
「ミルク」になるのだが
ヨルダンではヨーグルトの飲み物になる。
何故か英語のメニューでは
「アイラン」と記されていたそうだ。

確かにトルコの「アイラン」と同じような、塩味のヨーグルトドリンクだ。
英訳が「アイラン」は、ちょいとお店の勇み足、という感じがする。
夫が会食相手のヨルダン人に聞いたら、アラビア語表記は「ラバン」だったとの由。

羊肉とヨーグルトは相性がいい。
写真を見た瞬間、あの玄妙な味と匂いが蘇ってきて、もうたまらない。
帰国してきた夫に向かって、もう私は明日ヨルダンに行っちゃうぞ、というだけ入ってみている今日この頃。

この他、ヨルダン料理の画像を夫が撮ってきてくれたので、思い出話ともどもご紹介します。

(つづく)  
Posted by arimaburabura at 07:31Comments(5)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2008年02月07日

ファラオの復讐対策をマカオで復習する〜香港ぶらぶら雑感記 其の四〜

今回、初めてのマカオが本当に楽しみだった。
やはり想像したとおりで、香港とは違う匂いのする街だ。
旧ポルトガル植民地らしく、やはり南欧の風情がそこかしこに残っている。
街も人ものどやかで、瀟洒な南欧風の洒落た街並みの裏には中華な生活風景があり、ああ良い風情だなあと思っていれば、途轍もなくエゲツナイ電飾満艦飾なギンギラギン的大型カジノも当たり前のように立ち並んでいる。

そして、驚いたことにこの街では、道を渡ろうとするとドライバーがブレーキを踏む。
日本にいると、まあほぼ当たり前のことなのでナンノコッチャと思われるだろうが、ヨーロッパ各地でもイスタンブルでも、そして香港でも、大概「歩行者を見たらアクセルを踏む」という反応が当たり前なのだ。

1990年ごろのカイロも「ブレーキを踏む国」だった。
しかし年月が経つにつれて、次第にアクセルを踏むドライバーが増えたような印象がある。
人の心が荒れてきたのかなあ、と、少し寂しい思いをしたのを覚えている。

だから、どこかの街に出かけて「ブレーキかアクセルか」を観察していると、街の住民のテンションが感じられるような気がする。
個人的な思い込みではあるけれど。

夕暮れ時に南欧風の街角をぶらぶらしていたら、懐かしいものを見つけた。

サトウキビのジュースサトウキビのジュースだ。
カイロの街角でもよく売っている。
住んでいたころは
好きでよく飲んでいた。
暑くてバテ気味のときなど
暑気払いにもってこいなのだ。


マカオの街角でも機械で潰すように絞ってくれる。
飲むとどうも結構冷やしてあるので、冷たいジュースはどうもなあ・・・と思いながらも、懐かしさともども一気に大きなコップ一杯飲み干した。

さて、話はここから始まる。
どうもこれが「アタリ」だったらしいのだ。
マカオで大当たり、といえばこれはギャンブルで大もうけしたようだが、我が家は夫婦そろって賭け事の才も甲斐性もない。
だからカジノに興味もない。
当たったのは、ワタクシの胃腸・・・エジプトで言う「ファラオの復讐」だ。
やれやれ。

散歩から戻って二時間ほど後、どうも胃と鳩尾の辺りに違和感がある。
む・・・?と胃腸薬とビオフェルミンなど飲んでしばし、違和感は明らかな不調に変わり、そしてチクチク刺すような痛みに変わっていった。

よもやまさか、何故どうして、しかしこれはイヤハヤまったく・・・かつては「鉄の胃腸」を誇ったはずの、この私が・・・うっそー、ヤダこんなの!

ああ、やれやれ。
こういうときにはドウシロコウシロなんていう記事を書いたこともあったっけなあ。
過去記事は以下参照。

【第3話】 ファラオの復讐 〜水(その2)〜
再び、ファラオの復讐について 【第61話】(前編
再び、ファラオの復讐について(其の二 対策編) 【第62話】

さて、上記記事では「対処は早めに」「すぐ医者を呼べ」などと偉そうに書いていたのだが、いざ我が身になるとどうもやっぱり億劫なものだ。
私の場合はもう既に何度となく似たような状況はくぐっているので、自家療法で何とか対応してしまった。
「話が違うじゃないか!」という怒りの声が飛びそうだが、私も状況次第ではドクターを呼ぼうと思ってはいたのだ、と一応申し上げておこう。
少なくとも、感染後数時間、症状が出て30分後に対処はした。
別に威張るつもりもないが、慣れた症状だけに初動は早かったのだ。
カイロあたりで泣き声のSOS電話をかけてくるのは、大概まる一日以上我慢を重ねた挙句、耐え切れなくなった人たちだ。
別に威張っているのではない。
誤解しないでほしい。
単に私はこういう状態に妙に慣れている、とそれだけの話だ。
それでこの「早めの対処」が功を奏したのか、回復も早かった。
ドクターも呼ばずにすんだ。

さて、初動でとりあえずやったのは「体内洗浄」だ。
オカシイナ・・・と思った段階で、ぬるま湯をたくさん飲んでは胃の中のものを無理矢理全部吐いてしまう。
尾篭な表現だが「上下マーライオン状態」とでも言おうか・・・ううむ。
状況にもよるので判断の難しいところだが、こういう場合は吐き気が来るまで待っていると、そのぶん体が参るのだ、と私は信じている。

こういうウィルス感染系の病気は何であれ似たようなものだと思うのだが、下手に我慢して耐える時間が長いほど、症状は悪化し回復は遅れる。

今回の私の場合、とにかくひたすら体内を洗った。
確かにウィルス性だったのは間違いなくて、結構な痛みが鳩尾から下をキリキリ絞りにくる。
ぬるま湯を飲むと、ちょっと間をおいてキリキリとサシコミがくる。
トイレで全部吐いて出すものを出す。

これを3〜4回やったら少し治まって、汗が出たりトイレで小水がでたりするようになる。消耗はしているものの峠は越えた感じになった。
ビオフェルミンを飲んで海老状に丸まって寝る。
海老姿勢の理由は・・・単にまだお腹が痛いからだ。
あのあとしばらくの間、海老を見るたび軽い憎しみを覚えたが。
憎しみのあまり、食べたりもした。ふん。

翌朝、どうも少し熱が出ている感じがする。
このまま熱がガンと上がってくるようならばドクターだ、と思っていたのだが、もうしばらく寝ていたら体が楽になってきた。

下痢や発熱はしんどいものなので、ついつい止瀉薬やら解熱剤やらをすぐ投入したくなるが、これは素人判断でやらないほうが良い。
上記の記事にも書いたが、下痢発熱は体内の抵抗軍(もとい抵抗力)が侵略軍(もといウィルス)と戦っている証。
下痢発熱という形で、侵略勢力は外に発散されている。
これを薬で止めるのは、逃げ出そうとする侵略勢力の出口を塞いでいるようなものだ。むしろ、ぬるま湯やビオフェルミンのような援軍を送りながら、多少苦しくてもとっとと出て行ってもらう逃げ道拡大に協力することにしている。

イラクだって、放っておけば早晩サダムが死ぬか消えるかして、自然体で状況が良くなったかもしれないのに、なまじアメリカが出張ってきたおかげで国情が泥沼化したではないか。
なんとなく、そんな感じ(?)

ついでに偏見混じりに言ってしまうと、抗生物質投与は敵味方入り乱れる戦場に核弾頭を打ち込むようなもの、だと思う。
敵は壊滅するが、味方も同様。
ウィルスからくる諸症状は治まるが、かわりに体が参る。
私の場合は、ということだが。
もちろん飲むべき時は当然あるので、ここはドクターの判断になる。

昼ごろにはかなり回復して、とりあえず「薬膳スープと粥と薬膳スイーツが食べたい」くらいの気分にはなってきた。
多少食欲が出てきたらこっちのものだよ、というわけでホテルをチェックアウトして街に出る。
アタリを引いたのが麺粥薬膳の国だったのは、不幸中の幸いだったと思う。
こういう体調で食べたいものが、街中いたるところで美味しそうな湯気を立てている。実際こういう広東薬膳の類は、本当にこういう状態の胃の腑に滲みる。
健康なときよりよほど旨く感じられたんだから、とりあえずそれでよしとするべきなのだろう。
そうにちがいない。

この翌日にはもうほとんど普通に食べていたのだが、本当はこういう無茶は体に良くない。まあ、体が食べたいというものを食べて、もういらないと思ったら食べるのをやめればよいので、この辺は体調と相談なのだが。

尚、以上はあくまでも、極私的自家療法であることをきちんと申し上げておく。
本来は自己判断でこういうことをしないほうがいいし、今回の症状は特段重篤なものでもなかったからこれですんだのだ。

一応、帰国後お医者さんに対処の内容を説明したら「それで正解」ということだったけれど、「でも、それはあくまでもアナタに自己判断できるだけの経験があるからです。普通の人は無理」という但し書きがついたことも付け加えておく。

だから、皆さんはむやみに真似をしないでください・・・。
まあ、一応なにかのご参考までに。

恨めしいのは、寒空の下で飲んだ一杯の冷たいサトウキビジュース・・・あの時ヘンなエジプトへの郷愁めいたものに駆られていなければ、あの晩はマカオ料理三昧の予定だったのだ。
これだけはしみじみと、口惜しく悲しい。

自業自得とはいえ・・・ああ、やれやれ。

自分でも書いているじゃないか。
「冷たいものの一気飲みはいけない」と。
「睡眠はきちんととりなさい」と。
「旅先での馬鹿喰い無茶喰いはいけません」と。

以上、深い自己反省とともに、改めて旅に出る皆さんに注意喚起する次第。
とほほ。

  
Posted by arimaburabura at 02:07Comments(4)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2008年02月03日

香港ぶらぶら雑感記 其の三 〜眠らぬ街で眠れぬ人となる・・・中国茶の不思議〜

香港のありがたいところは、街が眠らないことだ。
今回は特に実行しなかったが、深夜であろうが早朝であろうが、なにかしら食べ物にありつける。
店の閉店時間も遅いので、夕食時間が常に遅めな私にはありがたい。

しかしこの「眠らぬ街」で、実はちょっと不可思議なことが起きていた。
何故か不眠症状態だったのである。
生活が不規則になりがちな仕事柄もあって、元々寝付きも寝起きも悪い夜型の私だが、旅行に出れば結構すとんと眠ってしまう。
ところが、今回ばかりはどうもおかしい。
明け方まで輾転反側状態。
目が爛々と冴え渡って、まったく眠りが訪れる気配すらない。

最初は「眠らぬ街の興奮が乗り移ったかねえ」などとのどかなことを考えていたのだけれど、相当な寝不足状態でやってきたのに、二晩続けてこの状態はどう考えても変だ。
「ちょいと食べすぎかなあ」とも思ったが、過食のせいで不眠になるなら、私は日本じゃ年中無休の不眠症だぞ・・・。

なにが原因だろうかと考えてみて、はたと思い当たったのが「中国茶」だ。
驚いたことに香港で食べるものは不思議と酒を呼ばず、むしろお茶のほうがはるかに料理が美味く感じられる。
食事に酒は欠かせないほうなので、これは本当に不思議だったが、食事中はひたすらお茶をがぶがぶ飲み続けていたのだった。

私は酒はわりあい強いほうだが、カフェインにはどうも弱い体質らしい。
これは高校生くらいのころからわかったいたことなのだが、どうもついうっかり忘れがちで、こういう状態になってはじめて気付く。

よく飲んでいたのは普洱茶(プーアル茶)だった。

夜のお茶を控えたらかなり落ち着いたので、やっぱりカフェインかぁ・・・と勝手に納得しながら帰国。
一応念のため、横浜中華街にある中国茶の専門店で尋ねてみたら、確かにカフェインは結構入っていますよ、との由。
「普段あまり飲んでいないものをたくさん飲むと、過敏に体が反応することもあるかもしれませんね」とも。

ほーれ、ビンゴだビンゴ!と頷く私に、中国茶のプロは「・・・ですから、カフェイン含有量の少ないプーアルくらいにしておくのがよろしいようですよ」というではないか。

・・・また謎が増えてしまった・・・。

首をかしげながらあちこち調べてみたところ、別の犯人(?)が出現。
カフェインもそうだが、どうも中国茶というものは交感神経を刺激するらしい。
そうそうそういえば、ウーロン茶に減肥効果ありなどとよく言うではないか。
細かいメカニズムはよくわからないが、たっぷり飲んだお茶がありがたくも脂肪燃焼を促進してくれる間、体がまったり眠る状態にならないのは無理もないなあ、と、これまた自分勝手に納得した次第。

逆に昼間活動するときに飲めば、まことに霊験あらたかだろう。
犯人呼ばわりなど、被疑者扱いしてマコト申し訳ない。
飲み方が間違っていただけなのだったよ・・・とプーアル茶に心の中で謝ってみた。

(尚、あちこち見たが、以下のサイトを参照した。

http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to60.htm

さて、減肥効果のほうだが、帰国後体重計の針はキッチリと2訴ほど跳ね上がっていた。
「あれほど喰ったのに、中国茶のすばらしい効果でこの程度で済んだのだ」と考えるべきなのか、それとも・・・と考えたが、とりあえずは「減量」という課題に先に取り組むことにして思考停止中。

ついでにもう一つ付け加えると、帰国翌日に最近お世話になっている鍼灸の先生のところで「背中の艶が全然違うなあ」と驚かれたのもまた事実。
漢方薬膳、医食同源、実に侮りがたい。
単に栄養過多なんじゃ・・・などとは考えぬのが花というものだろう。

以上、根拠もいいかげんな実にどうでもいい話だが、お茶など飲むと寝つきの悪くなる向きはお気をつけあれ、ということでご参考までに・・・。

尚、このあたりの話に詳しい方がいらしたら是非ご教示賜りたく、よろしくお願い申し上げます。  
Posted by arimaburabura at 02:10Comments(4)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ