2007年02月27日

カイロで歯科治療 〜虫歯雑感〜

私が最後に歯医者に行ったのはカイロだった。
以来、詰めものは落ち、たまに怪しい痛みがあっても、なんとなくごまかし続けている。
つくづく考えると恐ろしいから考えずにいたが、あれはもう十年も前のことなのだ。

このときに通ったエジプト人の歯医者さんは、きちんとした人だったと思う。
私自身も含め「エジプトの歯医者」のイメージ、至って悪いと思うのだが、
彼は非常にエジプト的な空気の中ではあったが、きちんとした治療をしてくれたのだ、
と今も信じている。
歯医者さんの治療を批評できるほどの経験も知識もないが、日本で何度か「ヤブ歯医者」
のせいで痛い目も見たし、ひどいボッタクリ治療にあった知人の話を聞いたりもした。
そういったところから考える限りでは、余計なことはしないが手際よく、
説明は的確だが能書きが少ない、このドクターの好感度は高かった。
ほとんど無痛で、通うのもほんの数回ですんだ。

「え、そんなもんで終わり?」
「うん、お互いさっさと終わることは、早くすむほうがラクでしょ」

あとで特に問題も起きなかった、と、いうことは、良いドクターだったのだろう
と思っている。

エジプトの医療技術全般の話を考えれば、確かに開発途上国特有の不安さは付いて回る。
一方で個人のクリニックで処理できるレベルに限れば、海外で研鑚を積んだ腕のいい
ドクターがけっこういるものなのでもある。

さて、私の通ったこのクリニックは、某国大使閣下も通ってきているということで、
現地にしては相当に高級なところだったが、最終的にかかった値段は、
日本で三割負担で受診した場合と大差ないように思えた。

でも、現地にしてはけっこうな値段だったので、なんとなく「高いねえ」と言ったら、
「あのねえ・・・日本はどうだか知らないけどね、ロンドンやらニューヨークやらじゃ、
この倍や三倍じゃ済まないんだよ・・・」と諭されたのを覚えている。
確かにそうかもしれない。

このドクターは、ロンドンでずっと開業していてエジプトに帰る気もなかったのだが、
家族の事情でしばらくカイロに戻ることになり、戻ってみたら案外環境的に悪くないから
こちらで数年前に開業した、ということだった。

「このカイロで、環境的に悪くない・・って?!」
「そう。イギリスでは国の政策で、ほとんどイギリス製の機器しか使えないんだ。
でも、歯科治療の機械といっても色々あって、コレコレの機械はアメリカ製が最高だけど
ナントカはドイツ製が一番で、こんなものなら日本製が世界一、なんていうことは
あるわけでね・・・」
「エジプトで全部揃えられるわけ?」
「うん。まあ関税はかかるしお金もかかるけど、エジプトの場合はイギリスのような
変な拘束がないから、自分の気に入った、世界で一番いい道具を集めて治療ができる。
楽しいよ、カイロのほうが」

これはあくまでドクターが自分で言った話なので、本当のところはわからないのだが、
そういうこともあるのだろうか?
歯科治療機器収集オタクの歯医者?
なにがなにやらわからぬままに、これはドコ製のナニ、アレは・・・と嬉しそうに色々な
機械を見せてくれたのは覚えている。
今となっては、メモくらい取ってくるんだったと後悔するのだが、歯医者でガリガリ
やられた後では無理と言うものだ。
そうじゃないですか?

しかもこのドクター、時間感覚は面白い具合にエジプト的だった。

「時間? ええと、遅くこられる?
ナゼって・・・アナタのは時間がかかりそうだから、最後の予約で気楽にやりたいからさ。
いやでしょ、そういうときに、あとでほかの患者が待ってるのは。
いや、アナタが早い時間がいいならそれにあわせるけど、忙しいんでしょ。
仕事終わったあとなら、気楽じゃない、アナタだって」

どうも最初はセクハラ系を一応疑って、終わりごろの時間に夫に迎えに来てもらうように
していたが、どうも取り越し苦労だったらしい。

(注: ただし、エジプト人ドクターが外国人女性にセクハラをする話は、
実際になくはないので、一応注意するに越したことはない。念のため。)

治療が終わると「一服どう?」と煙草を勧められるのもエジプト的だ。
今はやめたが、当時はワタシもヘビースモーカーだったので、マルボロなぞ吹かしながら
ひとしきり世間話をしたものだった。

別に長話をするわけでもなく、淡々と世間話をして、二本ばかり煙草を吸い終ると
「じゃあ」と腰を上げていた。

今思えばひどく不思議なところもあるのだが、なんだか呑気で贅沢だったなあと思う。

ついでだが、別のブログに、エジプト航空機内での思い出話を書いた。
要するに、飛行機の中での緊急歯痛対策(?)なのだが、場所はエジプト航空だし、
なにかの御参考になるかもしれないので、こちらにも御紹介しておく。

虫歯の思い出 其の一

虫歯の思い出 其の二 〜応急処置の妙案〜

虫歯の思い出 其の三 〜飛行機は鬼門〜


目下の問題は、明日があるさ、とフンフン鼻歌でごまかしてきた、
今この瞬間の歯の治療なのではあるが・・・ああ、歯医者さんに行かなくちゃ。  

Posted by arimaburabura at 21:25Comments(2)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ

2007年02月22日

東風吹かば・・・

やれやれ、すっかりご無沙汰してしまった。
この間、色々考えて『軍事情報』の連載のほうは当分の間休載、ということにして
頂いている。

本来ならば、もう少しきりのよいところまで連載を続けて、ご挨拶をして・・・
と思っていたのだが、そうなってくるとウンともスンとも言葉がでない。
それほどご大層なものを書いていたつもりもないのに、どうも中東が身近に感じられなく
なってきたように思う。

それもそのはずで、私がカイロを離れてから、もうこの三月でちょうど七年にもなるのだ。
まったく時のたつのは早い、と、しみじみ思う。
なのに、昨日見てきたような話を綿々と書いていたのだから、
そりゃあ無理も出るわいなあ、と少し呆れた。
私の場合、夫が定期的にエジプトはじめとした中東諸国に相変わらず出かけているので、
中東の話はいまだに身近なものではあるし、『軍事情報』の別冊連載を続けるために、
憑かれたようにあれこれ本を読み漁ったものだから、なんだかバーチャルに
「まだ彼の地にいる気分」になっていたのではある。
まあ、見て聞いて肌で感じたことを、距離を置いたところで改めて見つめなおす作業は
実に楽しかった。
それは間違いない。

でも、気分は気分なのであって、時の流れとともに過去は過去になっていく。
次第に話が肌身を離れ、妙に頭でっかちになって、我ながらちょっと息苦しく
なってきたのかもしれない。

そんなわけで連載は休止しているが、『軍事情報』のエンリケ殿下に作っていただいた
ブログは残っている(神戸に向かって敬礼!)。
せっかく残っているのだから、たまに中東に絡んだ雑感程度のものを書いておくのは
いいかもしれないなあ、などと、この数日思うようになった。

そういえば、二年前の三月三日の桃の節句が連載初回だから、もうすぐ二周年でもある。
ダカラドウシタ、とも思うが、まあ記念日というのはいいものだ。
これをいい機会に、スタート時点の「のほほんとぶらぶら」な気分で、
ぼつぼつ思い出話でも書こうかね、という気持ちになった。

実はもう一つブログがあって、この「不肖の妹分」は生真面目な姉を尻目に、
スタートの時点では予想もしなかったほど広がった。
こちらもスタートは二月下旬。
本格始動が三月はじめだ。

どうも私は、梅の咲くころになると、なにか始めたくなるバイオリズムのようなものが
あるようだ。
ついでに振り返ると、梅雨時から夏にかけて体調が湿り、冬寒くなると気分が冷え込む。
湿気と寒さにやけに弱いところだけは、立派にまだまだ中東を引きずっているらしい。

だらだらと散漫で恐縮だが、まあそんなこんなで、今後はのんべんだらりと
気が向いた時に記事を上げるようにしたいと思う。インシャアッラー。

以上、気の早い梅とともに、改めてご挨拶まで。


梅
 東風吹かばにほひおこせよ梅の花
          主なしとて春な忘れそ





追伸:
最近また中東メシを食べてきた。
クスクスなど、マグレブのほうのものだが、関心ある方はこちらをご参照下さい。  
Posted by arimaburabura at 02:16Comments(4)TrackBack(0) | Amazon.co.jp | 楽天市場 | ブログ